不十分 

五豆の「遊んで」要求に、もう勘弁してと思わされる毎日です。
久し振りに迎えた若い犬に、「こんなに大変だったっけ」と自分の記憶に問いかけるのですが、
考えてみれば、
いぬじは子犬の頃から一人遊びが好きで、
いぬは、
私が若かった。
私が、若かったのだ。


さて、話を戻しまして、

五豆を迎える時の当てが外れて、いぬじが五豆の遊び相手になってくれません。いぬじは元々人より犬が好きというタイプだったので、若い頃はよその犬と会うと喜んで遊んでいたのですが、やはり10才ともなると若い犬の相手はもうしたくないようです。
現状、一番五豆の相手をしてくれるのはしし豆です。
もちろん猫ですから自分の気が乗らない時は一切無視ですが、気分が乗る時は結構遊んでやってくれます。

この日も、膝の上に乗っていたしし豆のところへ五豆が近づいてきたので、
膝に乗ったまま遊び相手をし始めました。
その様子をご覧ください。



しし豆、
「もっとこいよ」
「まだあそんでやるけど」
「きてくんないかな」
と態度で示すものの、
五豆には一切通じず。


この犬に、そういう静かな主張は無駄です。
もっと素直に自分からちょっかいを出さないと無理です。
しかしそうはできない年長者のプライド。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

顔付き 

昨日、思いっきり五豆にメンチ切っていた三豆。

あ、
「メンチ切る」というのは「睨みつける」という意味です。
「お前、何俺にメンチ切っとんのじゃ」というように使います。
なぜメンチ切るというのかはよくわからないようです。
メンチカツを切るところから来ているわけではありません。
それは逆に仲良くはんぶんこです。

話を戻します。

ようやく五豆の鬱陶しさから解放された三豆は、



体を舐め始める。
ベッドの中がごちゃごちゃしているのは見逃してやってください。



あーうざかった



↑なんかイラッとする顔

かたや三豆のガン飛ばしから解放された五豆はというと、



私の膝掛けに包まれて寝る。
カメラの気配に気付いてちょっと目を覚まして体勢を変えると、



↑ブラック企業社員の日曜夜の顔(想像)


毎日お仕事本当にお疲れ様です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

睥睨 

昨日の続きです。



五豆が上がって来られない場所のベッドに避難してようやく落ち着いた三豆。
ちなみに、
暖房が点いているのに奥のドアがちょっと開いているのは、
だらしないわけではなく、
三豆が通れるようにです。
三豆が通れるようにです。
二回書きました。

話を戻します。
やれやれ、とくつろぎかけた三豆が、



ハッと気づいた視線の先には、



五豆。
(ここから父撮影)

実はこの写真を撮る前に一回シャーッとやられた五豆。
それまではしゃぎまくっていたのですが、
ご覧の通りビビり中です。



三白眼で睨む三豆。
必死で視線をそらす五豆。



普段やりたい放題の五豆を少々懲りさせてやろうと、
さらに三豆に近付けてみました。
手が開き切っております。



ねえちゃんこわいこわい



それでも視線は外す五豆



前足をふんばって体ごとそらす五豆



今日はこのくらいで勘弁しといたろか。


という三豆の顔。
おわり。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

穴埋め 

本来であれば、土曜は三豆帰宅デー(※)なので次の日の日曜や翌々日の月曜は三豆登場記事になる、
はずだったのですが、
 ※しし豆や五豆が嫌いな三豆は、
  土曜夜~日曜朝以外は親の家で過ごします


なぜ両日とも登場しなかったのかと言いますと、
帰って来なかったからです。土曜に。

なぜ帰って来なかったかと言いますと、
先週木・金曜と親が1泊旅行に出かけまして、その日の晩は三豆1匹で親の家で過ごしたからなのです。
うちに連れて帰ってくることも考えましたが、顔を見るだけでシャーシャー言い倒すしし豆と五豆がおりますので、かえってゆっくり寝られないだろうと判断し、親の家に泊まらせることにしました。

夜に一度様子を見に行きましたが、
ドアを開けた瞬間、「お前か」という顔をしてそそくさと去りました。
イラっとしたので10分で鍵かけて帰りました。

そういうわけで、
その日の分の穴埋めに、土曜は親の家で過ごさせたのです。
しかし三豆登場を楽しみに待ってくださっている方に申し訳ないので、つい先程三豆の写真を撮りにだけ、カメラを持って親の家に行こうと
したら、五豆が一緒に玄関を出てしまったため、面倒なのでそのまま抱えて連れていきました。

すると、
私の家では顔を見た瞬間挨拶代わりの1シャーをかます三豆も、
親の家だと、



一応黙って舐める。
どこまでも猫をかぶっています。



しかしすぐ離れる。
猫かぶりはあまりもちません。

それから、母親のすぐ隣の定位置に移動するも、



五豆が乗り込んでくる。
そして左側の母親にまとわりついてはしゃぎまくる。



我が物顔で嗅ぎまくる。



奪われる。

逃げた三豆は、



ちょっと高い場所にある自分のベッドに避難。


明日につづく。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

暖房 

今日は寒かったですね。



私の方の地域は関東ほどではありませんでしたが、
それでも16℃くらいまでしか上がりませんでした。



うちには寒がりなのが3匹、
冷やさないようにしなければならないのが1匹、
寒いとますます動きたくなくなるのが1人いますので、
日中もエアコンの暖房をつけておきました。



しかしエアコンというのは、自分(エアコン)自身の周囲の温度を感知してそれに合わせて風を出すので、
24℃に設定しておいてもひんやりした風が出てくることも多く、
「どうなってんねん」と現在の室温をリモコンで表示させると、
『26℃』とか出て、
「それはあんたの高さの話やろ」
とエアコンにツッコみたくなることもしばしばあるわけです。



だからと言ってガスヒーターを出すにはまだ早いですし、
もう、しょうがないので、



自分達でそれなりになんとかしといて。


しし豆と五豆は私で暖を取ります。
問題はいぬです。
冷やすといけないんですが、どうしたものか。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ