二番勝負 














まあまあ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

閉じ込め 

家に来て2か月と1週間が過ぎた五豆。
トイレのしつけは未だ完璧とは言えませんが、成功率はまあ9割程度になりました。
と言っても、まだ行動範囲が居間と玄関に限定されているので、それ以外の場所ではだいーぶ心配ですが。
「布製のマット(またはマット状のもの)」はまだ危なくて放置できませんが。

というわけで、
サークルに入れて長めに寝かせて起きたばかりの時は、



こうしてトイレ専用スペースにおしっこするまで閉じ込めます。
おしっこさえすれば出してもらえるということもだいぶ理解しているので、早い時は20~30秒くらいでするのですが、
この時は、



しない。

兄ちゃんの尻嗅いでないで早くおしっこしなさい。



にゃにすんにゃ



お し っ こ 。



ほれ、私がおしっこおしっこ言うからいぬまで来たよ。



喜ぶ犬とうんざりする犬の画



よかったな、ターゲット変更して。



しかしいぬが駄目だとわかると再びしし豆をターゲットに



その間に避難



ほれ、
ねえちゃん、ものすごい「来るな」オーラ出してるよ。



伸びとかいいから、



お し っ こ 。


この後ようやくしました。
多頭飼いは子犬が寂しがらないのがいいですが、
誘惑も多いのがトレーニング上の難点です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

もんどり 

金曜に去勢手術をした五豆。

手術後恒例・エリザベスカラー生活に突入したわけですが、
まあご想像通り、
嫌がるわけです。

そこで、ふと思いついたのです。

子猫時代のしし豆が、冬になり羽毛布団を出したのをきっかけに布団へ度々おしっこをする癖をつけてしまい、悩んだ末に小型犬のメス用おむつパッドを着用させたのです。おかげで何度か事なきを得て、その後無事悪癖はなくなりました。
というわけで当のおむつパッドは持ち主を失い、5年間収納ケースの中にしまいこまれていたのですが、
そうだ、あれを使おう。
と思い立ったのです。

サイズ的にはまだ大丈夫ですし、
ずれてティンティンの先っちょが出ても別に問題ないわけで、
とにかくお玉さん(があった場所)の上あたりの縫い目が隠れていれば舐められずに済むのです。

というわけで、
じたばた暴れる五豆をなんとか捕まえつつ、着用完了。

すると、
こうなりました。




外しました。
やっぱりエリザベスに適うものはないんだなあ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

ブロック 

一昨日、しし豆と五豆の実に心温まるふれあいの様子をご覧いただきましたが、

…え?
言葉の選び方が間違ってる?
いえいえ、そんなことないですよ、
ぬくもりが画面からあふれ出すようなスキンシップの様子をご覧いただいたわけですが、

今日は、そのスキンシップを人間の都合で禁じられてしまった彼らの模様を動画でご覧いただきます。
ではどうぞ。



しし豆がものすごく冷静な猫に見える。


が実際はそんなことはないです。
知らない人が家に入ってくるとすぐパニックになります。
そして動画の五豆のようにぐるぐる回り出します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

一本釣り 

日々、私の膝で寝ている五豆。



しかし、それを良く思わない者が、一匹。



今まで5年間、私の膝を独占していたしし豆です。
五豆が来てから一度しか膝で寝ていません。
可哀想だとは思うのですが、

五豆の方が軽いので、つい。

いらだちを隠せないしし豆、
たまに五豆の頭にスパーーンと猫パンチお見舞いしてます。
気持ちはわかるが、こらえてくれ、しし豆。

さて、
今日はこの後、



こういう状況になりました。



きになる



きになる



きになる



きになる



やめとこか。


またパンチされないうちに。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ