fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2006年05月 

方言 

今さらですが、方言っていいですね。
特に東北地方の言葉や沖縄弁にはとても温かみを感じます。多くの方が上京すると懸命に標準語を話そうとされますが、私にはそれが何だかとてももったいなく思えるのです。
確かに同時通訳か字幕がほしくなるほどだとさすがに困ってしまいますが。テレビのインタビューで方言に標準語のテロップが付いているとありがたいような気の毒なような複雑な気持ちになります。

一緒に飲んでいる相手が酔ってつい地元の言葉で喋り出すと、その人にもっと親しみが湧くことってありませんか。
学生時代の友人が、「同じサークルの青森出身の子が飲み始めて1時間ほど経つと『わはまだ酔ってね』とか方言で話し出すから結構楽しみ」と言っていました。もし私が男で彼女と初めて同席したら間違いなく一発KOです。仮にこれが彼女の作戦だとすると、まんまと術中にはまる自分(♂)の姿が容易に想像できます。

以前、とある飲みの席で後輩A君が酔って暴言を吐きまくっていたところ、隣に座っていたA君の同級生で普段大変腰の低いB君が、

「金ば置いて帰れ」

と言いました。目が据わっていました。
こいつ本気だ、と思いました。

はよ寝なさい  【今日のいぬごはん】
   ・鶏骨ごとミンチ
   ・三つ葉
   ・かいわれ大根
   ・人参すりおろし
   ・ヤギミルク、りんご酢
   ・オリーブオイル



よろしければ方言でコメントお願いします。
いつも1クリックありがとうございます!
ココ→ranking

スポンサーサイト