fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2006年05月 

声 

自分の声はお好きですか。

私ははっきり言って嫌いです。
幼稚園の頃だったでしょうか、録音した自分の声を初めて聞いたときはあまりのショックで涙が出そうでした。デッキが壊れているんじゃないかと疑いましたが、親にあっさり「このまんま」と言われ、もう声を出すのも嫌になりました。
年頃になるにつれますます声は低くなり、今ではそれと分かるほどはっきりと喉仏が出ています。本当です。普段通りの声で電話に出ると、知らない相手の3割程度は男性が出たのだと思っているようです。カラオケで女性の歌を歌うときは前奏中にキーを3つほど上げ、1オクターブ下で歌います。
中学生の頃、祖母の姉からの電話に私が出ると大伯母は決まって私の兄が出たと勘違いし「あら、~(兄の呼び名)ちゃん?」から会話が始まるのが常でした。母が「あんたが愛想よく出ないから悪い」と言うので、ある日そばで聞いていた母も「おっ、今日は頑張ったな」と思うほど高めの声で電話に出たら「あら、~(兄の呼び名)ちゃん?」と返ってきました。
それから頑張るのをやめました。

「努力次第で声は変えられる」とどこかで聞きましたが、もはや今さら努力する根性もありません。もしこのまま加齢とともにもっと声が低くなるのであれば、どうせなら一度試してみたいと思うことがあります。

「ご主人様でしょうか」と聞く勧誘の電話に対して、
「そうですが何か」
「奥様はご在宅ですか」
「半月前に出て行きました」

一人デュエットしたことあります  【今日のいぬごはん】
   ・鶏胸肉
   ・鶏レバー心臓付
   ・三つ葉
   ・ほうれん草(ゆで)
   ・トマト
   ・ヤギミルク、魚油


留守電に吹き込むのも苦手です。
どうぞ1クリックをお願いします!
ココ→ranking

スポンサーサイト