fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2006年05月 

リサイクル 

江戸時代の人はリサイクルの達人だったそうです。
直せる物は全て直し、直せなくなるまで使った後は燃料にしたり雑巾にしたり。落ちている木屑やゴミを拾って売る商売も成り立っていたので街も綺麗になって一石二鳥。
使い捨てることが当たり前になってしまった今こそ、江戸時代の素晴らしい文化を見直す時なのだとつくづく感じます。

しかしよく考えてみると、その優れたリサイクル精神は私達の中にも今でも生き続けているではありませんか。

何かに使えそうなお菓子の空き箱。
何かに使えそうなデパートの紙袋。
何かに使えそうなジャムの空き瓶。
何かに使えそうなダンボールと厚紙。
いつか使いそうな頂き物の食器セット。
いつか使うと思う頂き物のタオルセット。
いつか使うかもしれない頂き物の置時計。
そのうちバザーに出す食器セットとタオルセットと置時計。

これらのひとつもないお宅を私は見たことがありません。
これぞリサイクル精神。
世界に広めようもったいないの心。
ああ賢き主婦の知恵。
上の戸棚は5年以上開けてません。

キ●ィちゃんという歳でもないけどせっかく当たったのでいぬ用に  【今日のいぬごはん】
   ・牛ハツ
   ・じゃがいも(ゆで)
   ・壬生菜
   ・人参すりおろし
   ・ヤギミルク、魚油
   ・りんご酢


もう片付ける場所がありません。
いつも1クリックありがとうございます!
ココ→ranking

スポンサーサイト