fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2006年06月 

必要性 

好きでやっていること以外は、必要性がなければやらないものです。
働く必要性がなければ働かない人のほうが多いでしょうし、他に誰も住んでいない山奥に住みながら毎日1時間かけて化粧する女性もいないでしょう。

また、本当は必要なことでも、本人が必要ないと思っていればやはり行動を起こすことはないものです。
病院嫌いな頑固者のおやじさんに「一度病院で診てもらえ」と言っても徒労に終わるでしょうし、万年床で散らかり放題の部屋に住む学生にちょっとは片付けろと言っても、「この状態が一番便利だ」と言い切られてしまう気がします。

もうひとつ、必要に迫られている状態であることは重々承知しつつも、そちらを優先するわけにはいかないという場合もあります。当人はそれなりの、ひょっとすると相当のジレンマと闘っているのかもしれません。
日曜日の度に接待ゴルフに借り出されるお父さんに「たまには家族サービスもしてよ」と頼むのはいささか酷ですし、太っていることを売り物にしているいわゆるデブタレの皆さんにダイエットを薦めることは仕事をやめなさいと言っているようなものです。

必要性に迫られる窮屈な毎日。
何にも縛られず自由に生きてみたい。
寝たい時に寝て、起きたい時に起きる。
黙っていても時間が来たらご飯が出てくる。
空腹が満たされたら寝るもよし、遊ぶもよし。
気が向いたら好きな人に寄り添って思う存分甘える。
サウイウモノニワタシモナリタイ。

お前のことだよ  【今日のいぬごはん】
   ・豚肉スライス(ゆで)
   ・水菜
   ・大根
   ・大葉
   ・ヤギミルク、ごま油



いぬなりにストレスも感じてはいるようですが。
よろしければ1クリックをお願いします!
ココ→ranking

スポンサーサイト