FC2ブログ

Entry Navi - Archives

 2006年08月 

緊急電話 

「呼ばないに越したことはない」と頭では分かっているのです。
パトカーに救急車に消防車です。幸いこの歳になってもまだ一度もどれも呼んだ経験はありませんし、この先もお世話にならないのが一番だとは知りつつも、電話するとどんな風に応対されるんだろうとか呼んだら何分くらいで来てくれるんだろうとか赤信号でも突っ走るってどんな気持ちなんだろうなどという好奇心と軽く葛藤することがあるのも事実です。若い頃ちょっぴりやんちゃして黄色だろうが赤だろうが突っ走っちゃった経験のある方、よろしければちらっと教えてください。

どうやらこの好奇心は潜在意識にどっしりと根を下ろしていたらしく、とうとう先日夢の中で救急車を呼びました。近くで見知らぬ男性が倒れていて相当危ない状態に見えたので電話をし、あくまで冷静に「救急車をお願いします、男性が倒れていて呼吸も弱いです」と我ながらしっかり説明出来たと思います。よし、これならいざ本当に呼ばなければならなくなったとしても大丈夫そうだ、と目が覚めて思いましたが、よく思い出してみれば110番に電話している時点でアウトです。それでもちゃんと「救急車1台ですね」と返事してもらえたところがいかにもご都合主義な私の夢らしく便利なところです。

私の家族も恐らく110にも119にも電話したことはないと思いますが、母は昔、電話の前にぶら下げてある自分で書いた番号帳を見ながら知り合いの家に電話を掛けようとして、すぐ上の警察署の電話番号に掛けてしまい「はい、○○警察署です」と言われてあまりに驚いたため何も言わず即座に電話を切ったところ、逆探知されて数秒後に「どうされましたか」と掛かってきて2度驚いた、と話していました。

気をつけよう 間違い電話と 逆探知

捕捉  【今日のいぬごはん】
   ・骨付き仔牛肉角切
   ・アスパラガス
   ・もやし
   ・大葉
   ・ヤギミルク、魚油




夜中外が騒がしくて110番通報したかったことはあります。
いつも1クリック本当にありがとうございます!
ココ→ranking

スポンサーサイト