fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2007年05月 

哀愁 

どことなく哀愁を感じさせるものがあります。

昔の映画ならさしずめ、年季の入ったトレンチコートによれかけのスーツ、底のすり減った革靴にトレードマークのショートホープをくわえた主人公の探偵が、去っていった恋人を想いながら海に沈む夕日を見つめる後姿、といったところでしょうか。
年季の入りすぎたコートにしわしわのスーツ、穴の開いた靴下にトレードマークと化しているバーコード頭を光らせた課長が、去っていった出世街道をはかなく思いながらシュレッダーに吸い込まれる自分のネクタイを見つめる後姿、
は哀愁というよりむしろ悲哀です。

また、こんなものにも哀愁を感じることがあります。

風にゆらめいてキーキー音を立てるブランコ。
カゴが空き缶で埋め尽くされた放置自転車。
中身を引っ張り出されてずたぼろのいぬ用ぬいぐるみ。
知らないうちに閉鎖されていた知り合いのホームページ。
「○○の姉」「○○の夫」と書かれてしまうタレント。
昔ながらの床屋に貼られている若い草刈●雄のポスター。
「C」がはずれて「PAHINKO」になっている温泉街のパチンコ屋。
たまに見かけるトシちゃ●の笑顔。

なんとなく哀愁の後姿  【今日のいぬごはん】
   ・牛ハツ
   ・ブロッコリー(茎)
   ・さやえんどう
   ・かいわれ大根
   ・ヤギミルク、しそ油


哀愁でいと。
よろしく哀愁。
分かったあなたも分からないヤングも、
よろしければ1クリックをお願いします!
ココ→ranking

スポンサーサイト