fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2007年10月 

コース 

コースがあると何かと楽です。
付き合い始めたばかりの彼女とのデートでちょっと高級なイタリアンレストランに行った時、アラカルトしかないと「ええと…これ…いや、こっち、あ、このぺ…ぺすちぇってなんですか」「ペッシェ、魚料理でございます」「あ…さいですか…」なんてことになりかねませんが、コース料理があれば「Aコース2つね」なんてスマートに注文できます。
また、険しい山道を無理して登れば遭難しかねませんが整備された登山コースがあればそんな心配もありませんし、英会話レッスンに通い始めたら周りはみんな日常会話ペラペラレベルだったりすると相当焦りますが、初級者コース、中級者コース、上級者コース、超初級者コースなどと細かく分かれていれば慌てることもありません。
自分では結構喋れるつもりでも実はそうでもなかったりします。
初級者クラス、入ってしまえば皆同じ。
ドアに入る直前までの辛抱です。

犬の飼い主の皆さんの多くは、散歩コースを大体決めてらっしゃるのではないでしょうか。たまに気分を変えて違う道を歩くこともあるものの、忙しい合間をぬって行く朝の散歩コースは、ほぼ毎日同じという方がほとんどだと思います。
犬達もそれをよくわかっていて、こちらが何も言わなくても毎日同じ道を進み、同じ角を曲がり、同じ電柱を嗅ぎ、同じ犬に吠えられ、同じ場所で用を足し、同じ道を通って帰ろうとするものです。たまには違う道を行きたくても、結局犬に先導される形で先へ先へと進まれてしまうため、諦めて同じコースを歩くことになる飼い主さんも多いことでしょう。

引っ越してきて間がないのでまだ散歩コースが定まっていない2頭。
いぬの方は初めての道でもまるでよく知っている道であるかのようにずんずん進むのですが、

問題はこいつです。

問題ぬ児

いぬと一緒ならマシなのですが、1頭だけで連れて行くと大変なのです。
知らない土地を歩くだけで緊張しまくってしまういぬじに、次々に襲い掛かる試練の連続。
ゴォーッと音を立てて近づいてくるトラックにビビり、
地面に貼り付いて風に揺らめくビニール袋にビビり、
庭を走り回る他頭飼いのワンコに吠えまくられてビビり
ずっと捨てられたままのよくわからない鉄くずにビビり、
しゃがんで庭仕事をしていた奥さんが急に立ち上がってビビり、
ビビッている時にどうしても我慢できなくなった私のくしゃみにビビり、

…早く慣れてな。

 【今日のいぬごはん】
  ・鶏胸肉
  ・水菜
  ・人参すりおろし
  ・大根
  ・ヤギミルク、魚油


きょろきょろしながら歩くのですが、
横を向いていると斜めにしか歩けないため
何度も踏んづけそうになります。
いつも1クリック本当にありがとうございます!
ココ→ranking

スポンサーサイト