fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2008年10月 

辞書(その8) 

ますます(調子に)乗っております連続企画、「いぬじしょ」。
さて、本日も元気よくまいりましょう。
いや、別に元気はいらんか。

ちなみに、『いぬ○○』という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明しております。
では昨日の続きからどうぞー。

-カ行-

いぬ季【いぬき】
 犬の行動が活発になる時季。
 春先や秋から冬にかけてなど。
 要するに、暑い時期以外。

いぬ着【いぬぎ】
 着るか着ないかは着せようとする者の判断にゆだねられ、
 一度着せるとまた着せたくなる着衣の総称。
 基本的には着せる必要がないため、初めは一着だけのつもりで
 購入・製作したとしても、気づくと随分増えていることも多い。

いぬ着替え【いぬきがえ】
 着る者が着用を望まない場合、いちいち時間を要する着替えのこと。
 まず一方の足に履かせ、もう一方も履かせ終わったと思ったら
 いつの間にか先に履かせた方が脱げていたりする。イライラする。

いぬ傷【いぬきず】
 犬の飼い主の身体に出来た、見に覚えのない傷や青あざの大部分。
 
いぬ気張り【いぬきばり】
 腰を丸め、尻を落とし、肛門を地上に向けた姿勢でいきむこと。
 視線は横にいる者にちらちらと向けられることが多い。
 この姿勢に入る前にその場で数周回転する傾向がある。 
 

いぬ気張りの場所選定中 【今日のいぬごはん】
  ・いぬ:鶏胸肉、鶏軟骨
   いぬじ:鶏骨ごとミンチ
  ・水菜
  ・大根の新芽
  ・ピーマン(ゆで)
  ・オリーブオイル



あのなんとも言えず情けない姿勢がまたハートをくすぐります。
視線の奥では「あんまり見ないでよ」とでも言っているのでしょうか。
「でも見るよね」の1クリック、そうですよね、見ますよね、やっぱり。
ココ→ranking

スポンサーサイト