fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2010年02月 

辞書(その49) 

やってまいりました、恒例の連続企画『いぬじしょ』。
「いぬ○○」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明しておりますこの企画、

あと1回で、
夏季と冬季のオリンピック開催数を足した数になります。
ちなみに29回と21回です。
でもまだタ行です。
どうしよう。


そんな現実はさておいて、
続きからレッツゴー。

-タ行-

いぬ助け【いぬだすけ】
 1.困っている犬を助けること。
 2.犬のおかげで苦難から救われること。
 3.気持ちは嬉しいがあまり役には立たない助けのこと。

いぬ出す【いぬだす】
 犬っぽさを出すこと。また、犬っぽさが出てくること。
 〈例〉彼女はなんだか最近いぬ出し始めたね。
  →参考:ツンデレ 

いぬ畳【いぬだたみ】
 すぐにぼろぼろになる畳。
 寝転がると畳くずだらけになる。

いぬ畳む【いぬたたむ】
 背中を丸め、両腕両足を折り畳んだ状態で寝転ぶこと。
 曲げた両腕を胸の下にしまうようにしたり、 
 片腕を枕にしたり、手でそっと鼻先を隠したりと、
 様々なバリエーションがある。

こうして遊んで日に日に畳は削られてゆく


いぬ畳まずに寝ることが増えると春を予感させます。
「はーるよこい」の1クリックいかがですか。
ココ→ranking 

スポンサーサイト