fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2011年11月 

異名 

本当にいたんですね。

高齢の容疑者が警察署内の廊下を連行されていく途中、これまた定年前のベテラン刑事が「またやったのか、ツネさん」と呆れ顔で声をかけた相手は逮捕歴十数回のスリ常習犯、
みたいなシーンをドラマで見かけることがありますが、

本当にそんな犯人、いたんですね。

今日、東京でとある女性が逮捕されたのですが、彼女は捜査員から
「デパ地下のさと婆(ばあ)」
の異名で呼ばれる、実に今回で23回目の逮捕となる79歳の女スリなんだそうです。

本当にこんな犯人(ホシ)、実在したんですね。

本名神山さと、今回の犯行場所もその名の通り駅ビル食品売り場、しかも今年の7月に出所したばかりで、23回目の犯行動機は「競艇で遊ぶ金が欲しかった」。
彼女は自分が「デパ地下の」と呼ばれているのを知って、あえて異名に恥じない(?)犯行場所を選んでいるとしか思えませんが、いずれにせよ、今度こそちゃんと反省して、今回で最後、きっちり70代で引退していただきたいものです。

ニックネームがない人は探すほうが難しそうですが、「異名」と言われるような呼び名が付く人はなかなかいないものです。そもそも異名なんてものは自分で付ける物ではありませんし、まあさと婆レベルになると「わたしゃ『デパ地下のさと婆』だよ」と自ら名乗りそうな気もしますが、通常は「そんな風に呼ばれてるみたいだね」と付けられたことを若干複雑な気持ちで受け入れる類の名前が多そうですし、
結局何が言いたいのかといいますと、
これからも異名が付かぬよう、おとなしくひっそりとつつましく生きていきたいなあということです。

ですので、
あまり同じコンビニばかり行かないようにしてます。

飼い主から数々の異名で呼ばれるいぬじ


常連客というものはえてして店員さんに
「おでんの人」「ジュースにストロー」
「からあげくん」「(髪型が)狩野」
などと影で呼ばれる運命です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト