FC2ブログ

Entry Navi - Archives

 2013年04月 

ブーツ 

もう10年以上前のこと、
旦那がお店で気に入って、色違いで同時に二足買ったこちらのブーツ。

だいぶ広がってきた

履く頻度が比較的少なかったためまだ現役で頑張っているようです。

代表して茶色の方

あまり意味はありませんが、お座りしたので撮りました。

ビクター犬ならぬブーツ犬

はい、いぬはもういいよ。

ブーツと記念写真

さて、なぜわざわざブーツといぬじを並べて写真を撮ったかと言いますと、
実はこのブーツといぬじには、ある思い出があるのです。


あれは、いぬじがまだ我が家に来たばかりの頃。
まだ1kgあるかないかという大変小さい子犬でした。
5月の、ある晴れた休日のこと。
玄関を開けてやると、いぬに続いていぬじも庭に出ました。
砂利を掘ったり小枝をくわえたりと、しばらく楽しく遊んでいました。
しばらく後。
さあそろそろ家に入りましょうと玄関先まで呼び寄せたいぬじが、
突然びっくりして玄関を飛び出し、
扉の向こうでぷるぷると震え出したのです。
玄関には旦那もいましたが、一体何をそんなに怖がっているのか理解できない様子。
ふと、
私はあるものを見てピーンと来たのです。
そうです、
ブーツです。
いぬじが外へ出るときにはなかったはずのこのブーツ。
遊んでいる間に旦那が靴箱から出して、たたきに置いたのです。
小さないぬじにとって、このブーツは自分より大きな存在。
しかも、そこから嗅いだことのない動物のにおいが漂ってくるのです。
いぬじにとっては、目も鼻もない、恐怖の生き物に見えたようです。
私は「大丈夫大丈夫」と励まし、いぬじが自力で上がれるまで、ひたすら応援し続けました。
そしてとうとう、意を決したいぬじがえいやっと玄関に飛び込み、
無言で佇むブーツの横を走り抜け、
無事いぬと我々の待つ家の中へと生還したのです。
ああ、なんという感動。
まではしませんでしたが、
まあ、子犬の目にはブーツも生き物に見えるんだなあと大変興味深く観察できた出来事でした。


ちなみに、
その当時のいぬじは、こちらです。

ちびじ

いぬのおもちゃを死守しようとするいぬじ↓

ちびじなりの抵抗

視線で怒られてびびるまくるいぬじ↓

絶対上下



それでもいぬじはねえちゃんが大好きです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト