fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2013年09月 

辞書(その100) 

いよいよやってまいりました。

ネタのない時救済連続企画「いぬじしょ」、
とうとう、記念すべき100回を迎えました。
パンパカパーン

思い返せば2008年9月27日。
奇しくもちょうど5年前に始めたこのいぬじしょですが、
まさか、
…5年かかって半分も進まないとは思いませんでした。

まずい。
これはまずい。
相当まずいペースだ。

というわけで、
今後、少々ペースを上げていきます。
いや、相当上げていく所存でございます。
早速今日はいつもの倍量で行ってみたいと思います。

それでは続きから張り切ってどうぞー。

-タ行-

いぬ土手【いぬどて】
 中・大型犬が土手のように、
 玄関やドアのそばに寝そべって陣取ること。
 どかそうとするとしぶしぶ立ち上がる。
 なら最初からそこで寝なきゃいいのに。   

いぬ届く【いぬとどく】
 背伸びやジャンプを駆使し、予想以上に高所に届くこと。 
 人間の場合、手が届かなければあまり意味がないが、
 犬は鼻先さえ届いていれば大抵用は足りる。

いぬ隣【いぬどなり】
 隣りに犬がいること。
 右にいる時はいぬ右隣、左の時はいぬ左隣、
 挟まれている時はいぬ両隣。うれしい。
 
いぬ殿【いぬどの】
 きままに暮らす飼い犬を、そうさせてしまった自分に対して
 自虐的な皮肉も込めて呼ぶ言葉。
 例:うちのいぬ殿がドッグフードよりビスケットをご所望だ 

いぬ跳び【いぬとび】
 後ろ足で立ち上がり、ピョンピョンと跳び上がること。
 トイプードルに多い。
 脚力が付いてくると、いぬ届く範囲が広がるため注意が必要。

いぬ溝【いぬどぶ】
 水に入るのが好きな犬種が好んで入る泥水のたまった溝。
 ラブラドールやゴールデンレトリーバーなどが入り、
 嬉々として背中をこすりつける行動が見られる。
 飼い主はそのたびに泣きたくなる。
 
いぬ恍ける【いぬとぼける】
 犬が人間に怒られそうなことをした後で、
 自分がやったのではないととぼけること。
 多頭飼いをしていると、別の犬が冤罪を押し付けられることもある。

いぬ止まる【いぬどまる】
 気になる匂いに気づいた瞬間、何の前触れもなく突然止まること。
 一緒に歩く者は引っ張られ、体勢を崩し、足をひねることもある。
 それで骨折したご近所のおばあさんを知っています。 

いぬ友【いぬとも】
 いぬ友達の略。飼い犬を通して友達になること。
 しかし「○○ちゃんママ」「◇◇ちゃんパパ」などと呼び合うため、
 飼い主同士の苗字すら知らないということもある。 

いぬトライ【いぬとらい】
 目的のためなら、最初は無謀とも思える行為でも、
 成功を信じて挑戦してみること。  
 一度成功した暁には、必ず二度三度と挑戦し続ける。
 そして大抵の場合最終的に怒られる。

いぬトラップ【いぬとらっぷ】
 犬が、罠のように待ち受けること。また罠そのもの。
 勉強をしようとしたら椅子の上に座っている、
 家事をしようとしたらおもちゃをくわえてやってくる、
 ただ買物に行こうとしたらリードをくわえてきてしっぽを振る、
 などの例がある。引っかかる確率は高い。

いぬ取る【いぬどる】
 飛んできたおやつやおもちゃをパクリと口だけで受け止めること。
 意外とこれ、猫はできない。

まだまだ今後も続きます


これだけやってもまだタ行が終わりません。
どうしましょう。
ところで「どぶ」って「溝」って書くんですね。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト