fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2013年10月 

辞書(その102) 

はい、毎週土曜日はいぬじしょの日です。

えーまたー?

という声も聞かぬふりして、順調に先を続けたいと思います。
ちなみにいぬじしょとは「いぬ○○」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している連続企画です。

それでは張り切ってどうぞー。

―ナ行―

いぬ長い【いぬながい】
 本来は長かったものが、
 年月や人の手により短くなることがあること。
 特定の犬種の鼻や足が短いことから生まれた言葉。
 〈例〉君のまつげはいぬ長いね

いぬ仲直り【いぬなかなおり】
 喧嘩していた者同士が、犬を介して仲直りすること。
 倦怠期の夫婦の間で使われやすい手。

いぬ仲間【いぬなかま】
 犬の飼い主同士の間柄。
 会えばにこやかに挨拶し、飼い犬の話に花を咲かせるが、
 それでもお互いの苗字すら知らない場合も多い。

いぬ泣き【いぬなき】
 「わーんわーん」「うぉううぉう」「ひーん」など、
 犬が鳴くように泣くことを指す。
 実際このように泣く場合は本気で泣いていないかもしれない。

いぬ無くす【いぬなくす】
 大切なものを自分のせいで無くすこと。
 手荒に扱いすぎて瞬時に壊したり、
 振り回して手の届かない所へ投げ上げてしまったり、
 自分の手が届かない隙間へ滑り込ませてしまうなどの理由が多い。

いぬ仲人【いぬなこうど】
 男女の犬の飼い主同士が散歩中に出会い、
 お付き合いを始め、ついには結婚にまで至ることで、
 まるで飼い犬が仲人のような役割を果たすこと。
 独身男性が犬を散歩させているとそのような妄想を抱きがちだが、
 所詮妄想は妄想で終わる。

このいぬは仲人ではありません


大抵男性が連れているのはThe 雑種、
女性が連れているのはトイプードルかポメラニアン、
といったパターンが鉄板です。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト