fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2014年11月 

辞書(その162) 

とうとう明日で11月も終わりますね。
今年も残すところあと一か月です。

ということは、当然ながら、お正月まであと一か月です。
毎年1月5日になると「ああ、次の正月まで一年もあるのか」と思うのですが、
年々次の正月が来るのが早くなってます。
ものすごい加速度です。
ああこわ。

さて、そんな11月最後のいぬじしょです。
いぬじしょとは、「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。
実は今年中に終わりたかったんですが、
全然無理でした。

それではとりあえず続きからどうぞー。

-ハ行-

いぬ箒【いぬほうき】
 地面に着くほど尻尾の毛の長い犬が、
 尻尾を左右に振って床を履いているような様子。
 掃除になるどころかむしろ毛が舞い散る。

いぬ防御【いぬぼうぎょ】
 四つん這いで腰を後ろに引き、
 身を縮めて頭を低くする防御姿勢。
 そのままひたいを床に着けると土下座になるため、
 防御と謝罪がいっぺんにできる便利な体勢。

いぬ防具【いぬぼうぐ】
 耳付きの兜、尾付きの胴、飾り毛付きの胸板、
 肉球付きの手甲がセットになった防具。
 防御力は強くないが、相手の戦意を喪失させる力がある。

いぬ方言【いぬほうげん】
 犬の感情表現の方法は万国共通であることから転じ、
 どこでも通じる方言、という意味。「あかん」など。
 地方出身者が「自分は全然訛っていない」と
 思い込んでいることではない。

いぬ冒険【いぬぼうけん】
 犬が脱走しても、基本的にはいつもの散歩コースを
 大きく外れることのない範囲をウロウロすることから、
 ごく小規模の冒険のこと。
 子どもが「家出してやる」と言って夕方には帰ってくるのも
 これに含まれる。
 
脱走経験あり(但しすぐ帰って来た)

私は一度も家出をする勇気が出ませんでした。
今考えれば、電車でお爺ちゃんの家くらいには
行けたと思います。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト