fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2015年01月 

辞書(その167) 

正月ボケがちょっとマシになった頃にやって来る3連休、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私の住む地域の冬は7割、下手すると8割天気が悪く、今日も朝からみぞれ交じりの雨が降り続いておりまして、昨日も今日も「お、やっと止んだかな」と犬の散歩に出た10分後にまた降り出して当初予定していたコースの半分で切り上げて帰ってくる羽目になり、いぬは不満そうな顔をするわ私は私で連休中にしなければならない仕事が寒くて手に付かないわで、すこぶるテンションの上がらない連休初日となりました。

冬晴れの多い地域の皆さんがうらやましいです。
紫外線と乾燥対策は大変だと思いますが。
確かに肌には優しい地域とも言えるんですが。

さて、いつまでもとうとうとボヤいていてもしょうがないので、今週のいぬじしょ行ってみましょう。
いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。
あー、お日様が見たい。
いえ、では続きからどうぞ。

-ハ行-

いぬ法律【いぬほうりつ】
 犬が自分を世話する人間に対して定めた、
 法のようなもの。
 毎朝決まった早い時間に起きること、
 できる限り毎日外へ連れ出すこと、
 手が空いた時には自分をかまうこと、
 定刻になったら食事を準備することなど、
 人間の都合は関係なくいつの間にか制定されている。
 破るとそれなりに罰が下る。

いぬ亡霊【いぬぼうれい】
 犬の亡霊。
 怖くない。
 むしろ見えると何かいいことがある気がする。

いぬ吠え【いぬぼえ】
 犬が吠えるような声を出すこと。
 犬ではなく、他の生き物に使われる言葉。
 猫が「ワンワン」に近い鳴き方をしたり、
 人間がキャンキャンとわめくように文句を言うなど。

いぬ吠え面「【いぬほえづら】
 犬が吠えている時の顔。
 〈参考〉いぬ吠え面をかく
 犬が吠えている時の顔を描くこと。

いぬポエム【いぬぽえむ】
 1.犬のことを謳った詩。
 2.犬が書いたという体(てい)で書かれた詩。
   「ぼくもおそらをとびたいな」
   「あのやまのむこうにはなにがあるのかな」
  など、大変夢のある内容であることが多いが、
  実際の犬はそういったことは全く考えていない。

ねこ法律の方が厳しい

いぬ法律を破った時の罰の例
・顔をべろべろ舐められる
・体の上に思いっきりジャンプしてくる
・当てションされる
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト