fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2015年03月 

辞書(その175) 

昨日は皆様にご心配いただき、大変感謝しております。
お陰様で今日のいぬじはすっかり元気で、足に穴が開いていることなど感じさせないほどぴょんぴょん飛び跳ねております。
ただ、パラボラアンテナ状態の首周りだけがうっとおしく、憂鬱なようです。
コタツに入ろうとするたびに「がっ」と引っかかってます。

さて、本日のいぬじしょです。
いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。
仮に指を取ることになっててもこちらは平常営業してました。
まあ、その程度の覚悟はしてたわけでして。
まあ生き物を飼ってると色々あります。

では続きからどうぞ―。

-ハ行-

いぬ解れる【いぬほつれる】
 きれいにまとまっていた犬の毛が乱れること。
 放置しておくとどんどんみすぼらしくなり、
 そのうちひどく絡まり出す。しまいには
 バリカンをかける羽目になるため、
 解れには早めに手をかけた方が身のため。

いぬホテル【いぬほてる】
 犬専用のホテル。ペットホテルとは違い、
 お犬様と呼ぶべきサービスが提供される。
 しかし犬自身は、
 早く家に帰って寝たいと思っている。

いぬ仏【いぬぼとけ】
 大小さまざまな犬の姿をしており、
 見ていると思わず体をさすりたくなる仏様。
 ご利益は無病息災、安産、悩みからの解放。

いぬ骨【いぬぼね】
 犬が骨を好むことから転じ、その人にとって、
 大事に隠しておきたくなるような宝物、の意。
 さらに転じ、現在では
 隠したまま忘れてしまったかつての宝物、
 という意味で使われることの方が多い。

ショボーン電波受信中

あなたのいぬ骨はなんですか。
私は友達にもらったイラスト入り絆創膏と、
懸賞で当てたテレホンカードでした。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト