fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2015年09月 

辞書(その202) 

今日は久しぶりにそこそこ晴れました。
気温も30℃程度まで上がり、少し動くと汗ばむ陽気でした。
こんな日は10日ぶりくらいだと思います。
ですので、
体がついていきませんでした。
たまに暑くなるのやめて。

さて、今週のいぬじしょです。
いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。

もうこのまますんなり秋になってくれればいいから。
頼むから。

って言ったところでまあ無理だろうと思いつつ、
続きからどうぞ―。

-マ行-

いぬ乱す【いぬみだす】
 犬が遊びに夢中になって、毛を取り散らかすこと。
 昨日シャンプーをしたばかりで泥に飛び込んだり、
 美しく手入れされたアフガンハウンドが
 ドッグランで転げまわり砂まみれになるなど、
 本人は乱れなど一切意に介さない。
 気落ちするのは飼い主のみ。

いぬ道【いぬみち】
 犬がよく通る道。
 そこかしこにマーキングの臭いが残されているため、
 ほとんどの犬がしょっちゅう立ち止まってしまう。
 この道を散歩コースの中心にすると、
 「30分は散歩しているから十分」と思っていても、
 実際は1㎞程度しか歩いていないということも多い。

いぬ道草【いぬみちくさ】
 散歩の途中で犬が歩くのを止め時間を費やすこと。
 いぬ道では大変多くなる。
 このような行動を「いぬ道草を食う」と言うが、
 生えている草を実際に食べる犬もいる。

いぬ導く【いぬみちびく】
 犬が案内すること。
 散歩中、行きたい方向を指し示すほか、
 飼い主が次にとるべき行動を迷ったとき、
 選択肢を指し示すこともある。
 〈例〉早く夕飯の支度を始めなければならないのに
 ついネットに夢中になっていると邪魔しに入る

そろそろごはん


導く理由は、
全て自分都合なんですが。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト