fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2015年12月 

辞書(その215) 

こんばんは、12月最初のいぬじしょです。

自分が更新しているのが夜なので「こんばんは」と書きましたが、
読まれているのは昼かもしれないし朝一番かもしれないわけで、
じゃあどう挨拶するのが妥当なんだろうと考えてみて、

「おはこんばんちは」
って便利だな、と思い出しました。
分かる人はわりといい歳だと思います。

あ、いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。

分からないヤングはググってください。
では続きからどうぞ―。

-マ行-

いぬ無視【いぬむし】
 自分に都合のいい言葉しか聞こえないふりをすること。
 どれだけ名前を呼んでも振り返らなかったのに、
 「ご飯」など好きな言葉を口にした瞬間、
 笑顔で振り向く、といった行動。

いぬ武者【いぬむしゃ】
 犬のような武士。
 主には忠実で、受けた恩義は一生を尽くして返すが、
 相手の主にも褒美を与えられると弱い。

いぬ無情【いぬむじょう】
 犬は人が期待するほど思いやりがないこと。
 飼主が落胆していると慰めるような行動を取ることはあるが、
 寝ている者の体を踏んづけて横切ったり、
 人の布団の真ん中を陣取って動かなかったり、
 のんびり食べている同居犬の食事の皿に、
 10秒で完食した別の犬が顔を突っ込んだりするなど、
 思いやりとは程遠い行動の方が日常茶飯事。

いぬ息子【いぬむすこ】
 オスの犬を息子のように可愛がること。
 但し可愛がり方を間違えると、
 親ではなく召使か下僕のようになるので注意が必要。 
 ねこ息子も同様かそれ以上。




あくまで犬の実態です。
犬を必要以上にけなすつもりは毛頭ありません。
私は大変犬好きです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト