fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2016年08月 

辞書(その251) 

お盆休み真っ只中ですね。

いや、うちには盆休みなどない。
という方、誠に失礼いたしました。
皆様が働いてくださっているおかげで休みの間も遊びに行けたり買い物できたり美味しい物を食べられたりしております。
本当にありがとうございます。
どうかお盆以外の日にゆっくり休めますように。

というわけで、8月ど真ん中のいぬじしょです。
いぬじしょとは「いぬ○○」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。

ところでこうして平常更新しているのも、
何も予定がないからでございます。
あ、明後日はちょっと出かけます。

それでは続きからどうぞ―。

-ラ行―

いぬ理解【いぬりかい】
 犬の理解力程度の理解、の意。 言葉の裏を読まず、
 文字通りに受け取ること、という意味で使われることが多い。
 皮肉や嫌味は通じないが、おだてたりヨイショしたりすると
 大変喜んで調子に乗るので意外と可愛がられるタイプである。

いぬ力【いぬりき】
 1.動力としての、犬の力。
 2.犬の持つ不可思議な力。
 1.2とも、人間の予想や想像を遥かに超えることも多い。
 3~4kgの小型犬に急に引っ張られて転んで骨折したり、
 ひどく痛む骨折の治療中でも、犬と触れ合っている時だけは
 痛みを全く忘れてしまったりするなどの例がある。

いぬ利子【いぬりし】
 犬によって付けられる利子、または利子のような物事。
 借りた本を犬にボロボロにされ新品で弁償することになったり、
 プリンターから出てくる最中の年賀状を犬に攻撃されて
 一枚5円の手数料で交換するはめになったりすること。

いぬリボ【いぬりぼ】
 いぬリボルビング(方式)の略。
 クレジットカードのリボ払いは毎月の返済額が一定のため
 借金している感覚が乏しくなるという注意点があることから転じ、
 毎日取っても取っても犬の毛が服につくため、
 そのうち付いている感覚すら乏しくなって来たり、
 最初はまめに換気してペット臭がこもらないようにしていたのが
 そのうち鼻が慣れて犬臭さの感覚が鈍くなって来たりすること。
 初心忘るべからず。



肝に銘じます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト