fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2016年08月 

辞書(その253) 

今日は久しぶりに過ごしやすい一日でした。
朝早く雨は上がりましたが、その後はずっと曇りで、日中も26℃くらいまでしか上がりませんでした。

もうこのまま秋になってくれればいいのにと思います。
夏の終わりは惜しまないタイプです。
むしろ喜んでお見送りします。
でもまだ当分居座るんでしょうね、夏ってやつは。

という8月最後のいぬじしょです。
いぬじしょとは「いぬ○○」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。

何も文句は言えなくて…夏。

あきらめて続きからどうぞ―。

-ラ行―

いぬ量【いぬりょう】
 物のかさを犬で換算した量。
 この場合の犬は自分の飼い犬であることが多いため、
 ビニールプールひとつが10犬だったり1犬だったりする。
 
いぬ療治【いぬりょうじ】
 犬によって病気を治すこと。
 なでたり抱きしめたりすることで回復が早くなったり、
 再発を抑えたりする効果が認められている。
 《参考》 荒いぬ療治:
 運動不足により不健康な状態になっている人間に
 犬を飼わせて毎日散歩へ行かせたり、
 規則正しい生活を送らせたりすること。 

いぬ料理【いぬりょうり】
 1.見た目を気にせず、味もそれなりの料理。
 2.食べる者が満足すればよい料理。
 
いぬリング【いぬりんぐ】
 犬が自分の尻尾を追いかけて輪状になっている様子。
 子犬でよく見られる。
 いぬじは未だにたまにする。



いぬが子犬の時、しょっちゅう尻尾を追いかけては
口が届く方の毛を噛んで回るので、
しっぽの先の毛が右半分だけ短くなっていました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト