fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2016年11月 

広さ 

人間は、一般的に
「のびのび寝たい」
と思うものです。

だから、
高級ホテルにあるような広いベッドに憧れたり、
何十畳もある畳の部屋の真ん中で大の字になってみたり、
公園の広々とした芝生に寝転がって青春を語ったりするわけです。

但しシングルベッドでぴったりくっつきたいカップルは除外されます。
結婚して何年か経つとダブルベッドすら後悔し始め、
やっぱり一人でのびのび寝たいと思うようになる女性は多い気がします。

話を戻します。
まあ要するに、人間はできるだけ体をゆったりと伸ばして、自由に寝返りが出来るスペースのある場所で、最も体が休まる体勢をキープしながら眠りたいと望むものだということです。

しかし、それはどうやら犬猫には当てはまらないようです。
「なぜそこにわざわざ入る」と言いたくなるような狭い場所に3匹も4匹もぎゅうぎゅう詰めになって寝ている姿はよく見ますし、すぐそばに大きな専用ベッドを置いてもらっているにも関わらず、尻が大幅にはみ出るようなクッションや座布団に無理やり寝ている大型犬の様子もよく見かけます。



このいぬもまさにそうなのですが、



このように、逆にどこで寝てものびのび寝られるサイズの犬は、



その広さを生かさないのです。



贅沢な話です。


私の布団(マット)は普通にシングルですが、
これからの時期はどんどんそれが狭くなります。
ほぼS字で寝ます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト