fc2ブログ

Entry Navi - Archives

 2020年10月 

喋り 

よく、ペットに
「お喋りできればいいのに」
と言う人がいますが、
私は、
「喋れなくてよかった」
と心底思います。

動物は言葉(指示語以外)が分からないからいいのです。
普通にペラペラ喋れたら、生意気な発言にイラッとすることもあるでしょうし、言い合いのケンカになることや、思わず口を付いて出てしまった暴言で傷つけてしまうこともあるでしょう。
人間を真似して汚い言葉を覚える可能性も大です。

何より、犬が喋れたら、
若いうちは、一日中喋りかけられると思います。
うるさくてしょうがないと思います。

あ、唯一喋れたらいいのにと思う時もあります。
具合が悪そうな時です。
その時だけは、「ここが痛い」とか言えたらいいのにと思います。
それ以外は喋れなくていいです。

さて、
我が家はいわゆる『要求吠え』を許さないスタンスなので、普段吠えることはほとんどありません。
人が来た時は吠えますが、これは番犬の仕事として数回吠えるのはOKとしています。
旦那が単身赴任で、夜間や留守中は心配なこともありますし、外に聞こえる声で吠えてくれるのはかなり防犯になっているのではないかと思います。

そういうわけで、
吠えているところを写真に収めるのは意外と難しいのですが、
先日たまたま『声を出しているように見える』写真が撮れました。
『吠えている』というよりは、『喋っている』ように見える画像です。

それを今日もまたGIFアニメにしましたのでご覧ください。
ではどうぞ。



何を喋っているかはご自由に想像なさってください。


まあ、十中八九、
「オヤツ」だと思います。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

インスタもよろしくお願いします

スポンサーサイト