fc2ブログ

辞書 

本日からまたちょっと企画ものを始めます。

その名も、「いぬじしょ」。
「いぬじ・しょ」ではなく、「いぬ・じしょ」です。


いぬじ・しょ、

いぬじ署…?
全く役に立たなそうな…。

あ、いえ、こちらのことです、
話を本題に戻しますと、
「いぬ○○」という言葉があったとしたら、それはどういう意味なのか、
ということを辞書形式に説明していくという企画なのです。
自分でもどうなるか全く予想が付きませんが、とりあえずア行から順番に行ってみたいと思います。
では、はじまりはじまり~。

-ア行-

いぬあし【いぬ足】
 かなり速い。特に追跡時と逃走時にその本領を発揮する。
 意外と足音は小さく、気づくと真後ろにいて驚くことがある。

いぬあたま【いぬ頭】
 思ったほどにはよくない頭のこと。
 しかし状況によっては予想以上の働きを見せることもある。
 その場合十中八九何か不都合なことが起こる。
 結構硬い。

いぬあらい【いぬ洗い】
 いぬを洗うこと。 
 転じて、二者のうち一方だけが大変な苦労をする上、
 苦労した者のほうが不満ばかりぶつけられること。
 但し最終的にはふかふかとして若干報われる。

いぬいき【いぬ息】
 生ぬるい湿気を多く含み、
 気温が高いと大幅に回数が増える息のこと。
 夏季に耳元で聞かされるとこちらの体感温度が上がる。
 多くの場合、独特な匂いがある。


…こんな感じですがいかがなもんでしょうか…。

これがいぬ足の例

 【今日のいぬごはん】
  帰りが遅くなったのでドッグフードでした

まだ「い」ですので、
…かなり続きそうな気がします…。
「飽きさせないように」の1クリック、しかと受け止めます。
受け止めるだけは。
ココ→ranking

スポンサーサイト



コメント

おおっ!
金田一春彦ならぬ金田一いぬまめ誕生ですか・・。

それぞれの言葉が実生活を通して生まれてきたものであり、犬と共生(お辞めになった元福田総理が就任の挨拶で噛んだことばですな)しているものにとっては、事あるごとに引いて見たくなる辞書ですね。
このような辞書がほしかったです。

「いぬ頭」・・例)犬は散歩のとき往々にして余所見をし、頭を電柱にぶつけるが、何事もなかったように歩き続ける。相当あほで硬い頭である。

にほんの母様

ほしかったと言って頂けるなんて本当に光栄です(T▽T)
飼い主の皆様に「あーそうそう」と思っていただける辞書にすべく精進いたします。

よそ見して振り返る瞬間、「あっぶつかるっ」と心配したことを後悔するほどの石頭っぷりですよね…。
そのくせちょっと足を踏んだだけで大げさに声をあげるのも計算ずくのような気すらします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/1112-32e55165