fc2ブログ

辞書(その14) 

はい、またまたやってきました連続企画「いぬじしょ」。
『いぬ○○』という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明しております。

まだまだ先は長そうなのでカテゴリ作りました。
よろしければお暇な時にでもまとめてご覧下さい。

それではサ行の続きをどうぞー。

-サ行-

いぬ皿【いぬざら】
 使用後、洗わなくても洗ったように綺麗な皿のこと。
 皿の中に食事が入っている時間は大抵非常に短い。
 ちなみに皿自体の良し悪しは使用者には全く関係ない。

いぬ視界【いぬしかい】
 動いていないものを判別する力は弱いものの、
 自分に都合のいい物事は相当敏感に認識する視界のこと。
 この視界を持つ者が眠っているように見えても、
 いつの間にかじっと見られていることがあるので注意が必要。

いぬ式【いぬしき】
 この言葉の意味はかなり広範囲に及ぶが、
 基本的に「自分の欲求を満たすように動くこと」を指す。
 よく言えば素直、悪く言えば自分勝手。 
 しかしこれに振り回される人間の気分は決して悪くない。

いぬ敷き【いぬじき】
 本来敷物でなかった物も含め、犬のにおいがよく染み付いた
 毛だらけの布製品。概して寝心地は結構いい。
 洗濯に困る。   


これは決していぬ敷きではなく私の布団  【今日のいぬごはん】
  ・いぬ:鶏胸肉
   いぬじ:ハツ入りラムミンチ
  ・水菜
  ・豆苗
  ・きゅうり
  ・魚油



しょうがないのでファブって天日に干してます。
せっかくいい香りになっても、夜にはいぬどもが前足でほりほりして
自分の足裏の匂いをつけまくるので元の木阿弥です。
「ファブリーズがなかったらやばかったね」の1クリック、
ほんとにそうです、開発者の方々、ありがとうございます。
ココ→ranking

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/1176-78e5b28f