fc2ブログ

再開(その3) 

おととい、昨日に引き続き、いよいよ完結編です。
これまでのお話はこちらからどうぞ→ 前編 中編

〈後編〉

「まずはな」
「うん」
「あ、そういえば、ケンちゃん、今年一回蕪を失敗してるんやったね」
「…あ、ああ、まあ、そうだけど(何だよ今さら)」
「蕪は連作でけへんからな、2年くらいは別のにせなあかんわ」
「え?連続は無理なのか?」
「そやで。そやなあ、これからやったらやっぱり葉物がええやろなあ」
「…刃物?!」
「そないに驚かんでも。葉っぱやで、菊菜、水菜、ええとあとは」
「は、葉っぱ…(聞くな…見るな…やっぱり、アレ、だよな…)」←パニック
「ケンちゃん?」
「…あ、あ、あのさ、俺、確かに今こんなことしててさ、多分じーさんばーさんいっぱい泣かせてきたと思うんだよ」
「ああ、孫思いやからねえ」
「で、でもさ、これからは、なんつーか、真面目になりたいっていうか、…今の仕事ってさ、確かに結構ボロいんだけど上下関係きつくて、うまくいかねーとすげぇ怒鳴られるし、ノルマみたいなのもあって、俺いっつもビリのほうでさ」
「苦労してるんやねえ(ホロリ)」
「だからさ、もうあんまりヤベー橋は渡りたくないっつーかさ」
「そやな…たしかに虫がついたらあっという間やったりするしねえ」
「ゴク…(足がついたらあっという間…)」←まだパニック収まりきらず
「そしたらな、一回本業の人について修行したらどうや、たしかおばちゃんのお友達のご実家がそうやったと思うけど…(ゴソゴソと電話帳を探す)」
「本業?!」
「あ、あったあった、そうそう、このお友達の旦那さんの職場でな、前におばちゃんパートさせてもろたことあんねん、ええご夫婦でな」
「…パート…(何か嫌な想い出があったような…)」
「旦那さんすごいんやで、弁護士さんやってはんねん」ガチャ
ツーツーツー
「ケンちゃん?ケンちゃーーん」

くだらん

嫌な想い出とはこちらです。(一昨日リンクを張り忘れました)
さんざん引き伸ばしたわりにお粗末なオチで申し訳ありません。
果たしてこの二人はまた出てくることがあるのか。ないのか。
「どーでもいいよ」の1クリック、…痛み入ります…。
ココ→ranking

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/1444-bccf0a90