fc2ブログ

害 

暑いのがダメで夏は苦手だというお話を何度もしてまいりましたが、
夏を好きになれないもうひとつの大きな理由が、

虫です。

と言っても、いわゆる「虫嫌い」というほどではないのです。
大雑把にまとめると昆虫は大抵平気です。
オケラもカマキリもでっかすぎなければ蛾も大丈夫です。
まあハチはダメですが。

ええ、そうなのです、
要するに、「人に害を成す」虫が嫌いなのです。

ここから先は虫の話になるので、
苦手な方は読まれないほうがいいと思います。申し訳ないです。


子供の頃は、家の中で見かける小さな地グモ以外のクモも嫌いでしたが、20年ほど前からあの黒と黄色のしましまのやつをほとんど見かけなくなり、実はあのしましま(ジョロウグモとかコガネグモ)は環境の悪化に非常に敏感だという話を聞き、ああやっぱり自然が破壊されているんだなあと逆にしみじみしていたら、
最近復活してきました。
安心したような困るような微妙な気持ちです。
まあ、昔ほど嫌ではないです。

話は戻りますが、
何せ、刺すやつは軒並みアウトです。
刺さなくてもGKBRももちろん論外です。
ひとりで退治はできますが。

そしてここ最近、よく見るようになってきたのが毛虫です。
こないだ膝の下に痛みが走ったと思ったら、2日後にこうなりました。

若干の修正あり

多分5ミリくらいのが一瞬7分丈のすそから入り込んだんだと思います。
こういうときのために蚊以外のひどい虫刺されにもよく効く塗り薬を買っておいたのですが、先日母がやはり毛虫にやられたらしく、腕の広い範囲に赤い発疹が出来て非常にかゆいと言いつつ、親の家にあった蚊用の効き目の弱い塗り薬しか塗らず「全然効かない」とのたまっていたので、まだたっぷり残っているその強い薬を貸したのです。
数日は塗り続けないといけないだろうと、しばらく持っていていいよと置いてきたのですが、その数日後、今度は私がムカデにやられたため、返してもらおうと親の家に行くと、

親の薬箱にきっちり片付けられていました。
普通に借りパクされるところでした。

毛むくじゃらは刺されにくくて羨ましい


父の所業でした。
ちなみに普段よく使うものはその辺に置いておく家です。
ranking

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2206-d9603431