FC2ブログ

尾 

しし豆のしっぽは細くて長いです。

静と動

太短い尾をしている三豆と非常に対照的です。

静と尾

生まれつきか病気の後遺症かわかりませんが、いつも首が右へ傾いている「斜頚」という状態のしし豆。
当然異常のない猫よりもバランスを崩しやすく、保護したばかりの頃の足取りは、よくここまで歩いてこられたものだと感心するほどにおぼつかないものでした。狩りもへたくそでろくに獲物を取ることもできなかったでしょうし、その証拠に家に来た日のやせ細りようは生きているのが不思議なほどでした。
それが今では、毎日母の部屋をばったばったと走り回り、当分上がれないだろうと思っていたベッドにもやすやすと飛び上がり、飛び降りた際の着地に失敗して頭を床にぶつけるのではという心配も杞憂で、驚くほど上手にバランスをとって何事もなく昇り降りしています。

そうなったのも、この長いしっぽがあったからこそのような気がします。
おもちゃに飛びつくときもプロペラのようにしっぽを回してバランスを取り、またしゃがんだり自分の体をなめたりする時にはぺったりと床につけて支えにしているのが分かります。

変な間取りですいません

このしっぽがなければ生き残れなかったかもしれません。
いわば「第三の足」、しし豆にとっては命綱同様でしょう。

そんなしっぽですが、
この季節になると、

今日は亀柄

私もほしくなります。

巣穴のたぬき

うたた寝が寒くなってきました。


つい睡魔に負けて座椅子で30分ほど寝ることがあるのですが、
寝転んでから足元に何かかければよかったとよく後悔するのです。
ranking

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2274-bfbfe065