fc2ブログ

呼称 

私の母は4人兄妹です。
上から伯父、伯母、伯父、母です。
つまり、母には2人の兄がいるわけです。

このように、兄や姉が二人いる場合、単に「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ぶとどちらのお兄ちゃんやお姉ちゃんか分からないので、通常は「○○お兄ちゃん」「△△お姉ちゃん」と名前を付けて呼ぶことが多いのではないかと思います。

が、母は、
上の伯父のことを「大きい兄ちゃん」
下の伯父のことを「小さい兄ちゃん」
と呼びます。
これは、上の伯父が母とは一回り以上離れているからかもしれませんが、いずれにせよ珍しい呼び方ではないかと思います。
小さい頃、母が早口で「小さい兄ちゃん」と言うのを耳で聞いて、
「ちさにちゃん」ってなんだろうとずっと思っていました。
「小さい兄ちゃん」だと知ったのは確か8歳くらいでした。遅い。

さて、うちにも4匹の犬猫がいます。
上からメス、オス、メス、オスです。
つまり、一番下のしし豆には、2匹の姉貴分がいるわけです。
母風に言うなら、
いぬが大きい姉ちゃん、
三豆が小さい姉ちゃん、です。
年齢もいぬとは7歳の差がありますので、犬猫の寿命から言えば母と伯父とは比較にならないくらいの年の差があるわけですが、
しかしそれ以前に、
読んで字の如く、

『大きい』姉ちゃんと
『小さい』姉ちゃん

です。
その差、約10kg。

兄ちゃんはいぬじ1匹しかいませんが、

ヨコヨコ

あえて呼ばせてもらおう。

『小さい』兄ちゃん。

えっ

うん、ちっちゃいな。


いぬじと三豆はちょうど1kgしか変わりません。
散歩の時、小さい子とお母さんが、少し離れた場所から
「あ~おっきいわんわん」「そうだね~」
「あっちはにゃんこ?」「にゃんこじゃないよ~」
と言うのが聞こえてきたことがあります。
たぬきだよ。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2391-22c451e1