fc2ブログ

食事場所 

狭い家に異種混合で4匹もおりますと、
食事をさせる場所にも気を遣うわけです。

・食べ終わる順番はいぬじ→いぬor三豆→しし豆である
・いぬの食事は狙ってはならないことを他の3匹とも知っている
・いぬじは自分が食べ終わると食事中の猫に近寄る
・三豆は食事中に誰かが物欲しそうに近づくと譲ってしまう
・しし豆はいぬじが近づくと唸るがたまに譲ってしまう

という条件の下、
試行錯誤した結果、現在は以下のような食事場所となっています。

いぬといぬじは、

ここは平和.jpg

昔からの通り2頭並んで食事部屋で食べ、
しし豆は、

そして食べ方もへたくそ

犬には上がれない猫用階段を取り付けた棚の上で食べ、
三豆は、

絶対に野良には戻れない

いぬ用ケージの中で食べ、

右下に注目

ちなみにケージのドアはちょっと強めに押し付けてひとりでに開かないようにしてあるだけでロック自体はかけていないため、
外からは開けられないものの、

よっ

中からは押せば開くので、

よいにゃ

三豆が食べ終わったことに気づかなくても大丈夫です。

だだだ

で、食事が済んだ三豆がケージから出ると、
それを今か今かと待っていた

さっと

いぬじが交代で入り込み、

完全なる日課

皿の回りに落ちたフードや猫缶のカスがないか確認した後、
名残惜しそうに空の皿を舐め、
ちょうどその頃、

若い頃はもっと早かった

ようやく食べ終わったいぬが、

どいつもこいつも

いぬじと入れ替わりでケージに頭突っ込んで三豆の皿を舐め、
三豆の皿を舐め尽くし満足したかのように見えたいぬじは、

いい加減にせんか

今度はいぬの皿を念入りに舐め、

そんな大人気の皿を空にした本人いや本猫は、
昨日、まだ食べているしし豆の後ろからそーっと階段を上り始めたところで私に睨まれたので、

飼い主はいつも見ているのだよ

今日はしし豆部屋の入り口で座っていました。


また階段を上っているところを撮ろうと思ったんですが、
意外と一日で学習してしまいました。
いや、それでいいのか。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2498-066175d7