fc2ブログ

慣用句 

よく耳にしたり例え話に使われる慣用句も、
実際に言葉そのまんまの様子を見ることはない場合も多いものです。

ケンカの相手にぎゃふんと言わせるとか、
幾つになっても夢ばかり見て足が地に付かないとか、
大事な仕事の話の最中に横槍を入れるとか、
婚活パーティーで気に入った女の子につばをつけるとか、
そんなことをしたら間違いなくその先はありませんが、
親のすねをかじるとか、
石橋を叩いて渡るとか、
心臓に毛が生えているとか、
喉から手が出るとか
指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ーますとか、

頭隠して尻隠さずとか。

隠れてない方が多い


本人(猫)としては、
完全に隠れているつもりであったことは間違いありません。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

『犬も歩けば棒をくわえて持ってくるツルちゃん』はいかがでしょう←…ってわかりずらいわ!
『棚からボタモチ』勝手にボタモチが出てくる棚もコワイわ!(半年前のだったりしたら、もうすでにボタモチじゃないし)
…って何のコメントかって話ですよね。

たれくりたん様

ツルちゃんは持ってこない派ですか?
いぬも1歳までは断然持ってこない派でした。
くわえれば追いかけてもらえるので逃げる派でした。

確かに棚ぼたのぼたもちって、置いといたの忘れるほど日が経過してるはずですね…。
むしろ「食べられないものが頭上に落ちてきた」&「せっかくのぼたもちを腐らせてしまった」のダブルパンチのような気もします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2618-24305c95