fc2ブログ

相乗り 

ふと後ろを振り返ると、

驚いた

一緒に寝ていました。
藤の椅子自体の座面はいぬの肩あたりまでしかありませんが、
それにくっ付けるように同じ高さの小さい椅子を並べて置いているので、ちょうど2頭で乗れるサイズだったようです。

この写真だけ見ていると、
「仲良しの2頭が寄り添って寝ている」
ようにも見えますが、実際は、
「いぬじが先に寝ていたところへ、いぬが無理やり乗っかった」
のが正解です。

しかし、こんな寝方をするのは初めてです。
これは記念(とネタ)になる、とカメラを向けていたところ、

ぼくも

しし豆も寄ってきました。
しかし相手にせず撮り続けていると、

動く気配なし

はみ出したいぬの足を

そろり

しし豆が舐め始め

そろりぺろり

怒られないのでもうちょっと舐め

そろりぺろりそろり

いつもならそろそろ怒りそうなところが
今日は珍しく全く怒る素振りすら見せないので

そろりぺろりぺろり

思い切って鼻先も舐めようとしたら

さすがに

ふい

再び昼寝

やっぱダメか。



この後いぬじが、「本当はちょっと寝にくいんだけど、
降りたりしたらねえちゃんに怒られそうなのでやめとこ」
という体勢の変え方をして寝ていました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

まめよし家オールスターキャスト(お一方見当たらないけど、ほぼ)(*^▽^*)
一緒に生活していると、種はあまり関係ないのね。
昔の家では、庭に犬がいて猫も出はいり自由。
こんなに一緒にいるなんてありえない光景だと思う。

にゃんこ様

犬と猫って、お互いはどういう認識をしているのか聞いてみたいですねえ。
さすがに同じ種ではないということはわかっているんでしょうが。

いぬじも三豆もしし豆も、
あんなにいぬに怒られてるのに、嫌いにならないどころか、ちょっと好きのようです。
まあ、それでまたちょっかい出しては怒られてるんですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2793-2137efed