fc2ブログ

辞書(その90) 

いよいよ大台に近づいてきたなという感じがします。
ここまで続くとは思っていなかったいぬじしょでございます。
いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している連続企画なわけですが、
90回でタ行です。
ワ行は一体何回になっているのか。
そもそも本当に終わるのか。

そういったことは一切考えずに、続きからどうぞー。

-タ行-

いぬドア【いぬどあ】
 1.犬用のドア。
 2.広く自然の多い屋外と、ごく狭く薄暗い屋内。
   また、それを好む傾向のこと。
   →いぬドア派

いぬトイレ【いぬといれ】
 1.犬用のトイレ。
 2.用を足すのが非常に速いこと。
 〈用例〉個室に入って30秒で出てくるとは、まるでいぬトイレだ

いぬ党【いぬとう】
 犬の犬による犬のための政治組織。
 主なマニフェストは2食2散歩昼寝付、
 仕事がなければ遊んで暮らせ、
 座れ従えよく懐け、そうすりゃ一生安泰だ。

いぬ道【いぬどう】
 犬の生態や本能を研究し、その生き様や姿に倣う技芸。 
 極めすぎると人間としてまずいことになりかねないため、
 趣味程度にしておくほうが無難。

いぬ同居【いぬどうきょ】
 1.同じ屋根の下で犬と暮らすこと。室内飼い。
 2.苦労も多いが、それ以上に楽しいことも多い同居のこと。
   義両親と同居する嫁の憧れの言葉だが、現実は夢に近い。

生まれた場所に屋根はなし


時々ふと、私が義理の両親と同居していたら
どうなっていただろうと考えることがあります。
しかし義母は犬が怖いので現実的にはあり得ないのです。
よかったような、そうでもないような。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/2812-0077747d