fc2ブログ

辞書(その177) 

13日に足の検査をして以来、ずっとエリザベスカラー生活をしていたいぬじですが、そろそろ傷口もきれいになってきたので今日ためしにカラーを外してみたのです。

久しぶりに首がすっきりとして、
顔周りにあったものがなくなって、
なんか物足りない。

慣れって怖いですね。

あ、
気になるほど舐めなかったので、もうこのまま取っといて大丈夫そうです。

さて、今週のいぬじしょです。
いぬじしょとは「いぬ〇〇」という言葉があったとしたらどんな意味なのかを辞書形式に説明している土曜恒例連続企画です。

もうあのパラボラは何も受信しないんだなあ。
ただのいぬじなんだなあ。

では続きからどうぞ―。

-ハ行-

いぬ本【いぬぼん】
 犬について書かれた本。
 犬の解剖学や犬種図鑑やトレーニング法ではなく、
 「抜け毛はエンドレス」
 「難しいことは考えていない」
 「夏場の大型犬はよだれが滝」など、
 飼う前に知っておくと便利な内容が中心。

いぬポンプ【いぬぽんぷ】
 犬が、液体だろうが個体だろうが
 皿の中身をまるでポンプのように
 みるみる吸い上げていくことを例えた言葉。
 吸引力は大抵10年は持つ。

いぬ本名【いぬほんみょう】
 犬の本名。
 3文字以上の名を付けられている犬は、本名を
 そのまま呼ばれることが年齢と共に少なくなる。
 〈例〉ココア→ココ・コーちゃん
    ポンタ→ポン・ポンちゃん・ポンポン

いぬ翻訳【いぬほんやく】
 犬が伝えようとしているであろう気持ちを、
 人間の言葉で表現すること。但し、そのほとんどは
 「あそんで」か「たべるものちょうだい」である。
 「パパ最近また太ったワン?」とか
 「チョコちゃんはまたドッグラン連れてってもらったんだって」
 などと勝手にアテレコするのはいぬ翻訳とは言わない。

もうちょっと嬉しそうな顔しなさい


いぬもいぬじも呼び名にかなりパターンがあります。
結構どれでも反応します。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

たしかに、最初に命名した名前とかけはなれて行くパターン多いですね。

長女の部屋でボーダーコリーミックスを飼っているのですが、ボーダーの要素がゼロで謎の犬なので「なぞみ」と命名。
でも今では、なぞみ→なぞみんご→みんごと呼ばれています。
結局家の人に声をかけられたら自分だと思っているようですね。

たれくりたん様

「名前の後ろに何か足す」→「後ろだけが残る」
のパターンも多いですよね。

ちなみに、しし豆は本名からだいぶかけ離れた呼び名のほうが定着しています。
最初からそっちにすればよかったとも思いますが、
そうなるとまた別の呼び名が生まれてたと思うので、
まあどっちもどっちです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/3538-dfe046fa