fc2ブログ

治癒 

今月17日から19日、二泊三日で入院していたしし豆。
  詳しくはこちら
お陰様でもう何事もなかったかのように元気に過ごしております。

退院の日に、肝臓の薬と、剥がれた爪の化膿止めの抗生剤とで、二種類の錠剤を10日分処方されました。
それがなくなったらまた血液検査をしましょう、ただその前に一度爪の方の様子を見たいので22日頃に連れてきてください、と言われていました。
そこで、22日に来院したところ、

「それじゃ、血液検査しますね」。

「あれ、今日は検査はなかったような」
と思いましたが、まあ経過観察が必要なのかと、にゃーにゃー鳴くしし豆をなだめすかしつつ検査してもらったのです。

結果は、
入院日(5日前)に1000オーバーをかっ飛ばしていた数値が、288。
若いだけあってさすがの回復力だなあと感心していたのです。
すると先生が「もう少しお薬続けましょうね」とおっしゃったので、「ええ、まだ1週間分あります」と答えたところ、
「…あ」。
やっぱり、今日は検査じゃなかったんですね。
と思いつつ、いや、ちゃんと口で伝えればよかったと思いつつ、
普通に検査代払って帰りました。

さて、いよいよ昨日、その薬がなくなったので再検査に連れて行ったのです。
結果、
基準値が22~84のところ、
「85」。
ほぼ完治。

というわけで、薬も終わり、あとは自然治癒力に任せることになりました。

私の尻用クッション

先週は、免疫力が弱まるとぶり返す猫風邪が少々顔をのぞかせていましたが(くしゃみを5分おきくらいに出してました)、今週はそれもほとんど治ったようで、もりもり食べてもりもり出してもりもり遊んでもりもり寝て(?)おります。

しし豆が近づこうとするたびにシャーシャーとけん制していた

旦那の座椅子

この猫も、
しし豆からすっかり入院中のにおいが取れたからか、

位置関係

元の生活に戻りました。

あーよかった

もうこりごり。


猫を病院に連れて行くのは、
犬以上に神経使います。
車内でも病院でも鳴き通しですし。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

本猫もすっかり元気になって、数値も正常値になって良かったですね。
肝臓は回復する臓器だから幸いでした。
これが腎臓なら、回復は難しかったかもしれないですもの。
全快祝いで何か美味しいもの食べてきてください。
お財布に優しい回転寿司とか…(^_^;)
全国的にお値段統一の○○製麺とか…( ・_・;)

たれくりたん様

美味しいもの、食べたいですね~。
本人(猫)はいつもと同じフードですが。
まあ、頑張って通院した(自分への)ご褒美ということで。

〇〇製麺は今日(毎月一日)釜揚げうどんが半額デーでしたが、
残念ながら食べに行く時間がありませんでした。
午前中自分の健康診断だったのですが、
去年より1kg増えてました。
でも美味しいものは食べる。
それがポリシー(?)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/3639-f654847d