fc2ブログ

概念 

犬は賢い動物ではありますが、
多分、こういう概念は一般的に持ち合わせていないんだろうなあと思うことがあります。

自分の大きさがどれくらいあるか、ということです。

もちろん、小型犬が大型犬と出会ったとき、相手は自分より大きいということはわかるでしょう。
しかし、どれくらい大きさに差があるかということまでは理解していない気がします。
まあ、そこに年齢差とか大胆か臆病かの性格差があれば、体の大きさはあまり問題ではないのですが。

だからこそ、
成長期の大型犬がいつまでも子犬の時と同じように飼い主の膝に乗ろうとしたり、
子犬の時に入れたすみっこのスペースに頭だけ無理矢理つっこんでみたり、
小型犬のオスが少しでも上の方に引っかけてやろうと足を必死で上げてマーキングをしたりするのだろうと思います。
所詮は大型犬の膝の高さまでしか届いていませんが。

さて、その『自分の大きさの概念』、
やはり、わが家のいぬも持ち合わせておりません。

なぜこうまではっきりと断言できるかと言いますと、







こういうことを今まで何度かやってきたからです。


他の3匹は入れるところへ、
自分だけ入れないことを悔しく思っているのか、
それはいぬのみぞ知るです。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

犬さん、自分のことをいぬじさんくらいだと思ってますね、これは。

数年前、夫の友人の獣医さんがピレを子犬の時から室内飼育していて、だっこしてどこへでも連れて行っていました。
大きくなるにつれ、男性でもさすがにだっこはできなくなり、その後はおんぶしてクルマに乗せていました。完全に飼い方を間違えていますね。飼い主が犬に飼われている状態でした。

たれくりたん様

おんぶされるピレ…。
スロープ使えばいいのにとは思いますが、
ずっと見ていたい絵づらでもあります。
動画をこっそり撮ってYou Tubeで公開したら、テレビ局が勝手に使いそうです。

いぬが寒そうにしていると、こたつの足を高くして中にに入れるようにしてやりたいなあとも思うんですが、
そうすると間違いなく人間の足が入らなくなるのでやめておきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/3799-f9a3fc12