fc2ブログ

オチ 

どうしても話にオチを付けたくなる性分です。
幾日か分でもこのブログをお読みいただいた方ならお分かりのことと思いますが、とにかく自分から話題を振った時には最後にオチを付けないといけないような気がするのです。そしてこの性分は小さい頃から全く変わりません。
オチ付けないと落ち着けない。
またやってもた…。

というわけで、オチが付いた話は大好きです。
普段真面目な人が、いたって真面目な顔をして、面と向かって真面目な話をした最後に思いがけずオチを付けるなんてことをされたら、ツボにハマって大笑いしながら内心「やられたー」と思ってしまいます。但し木○太郎さんのダジャレは「来る」と分かっているので残念ながらツボではありません。そこで安○優子さんがギャグで返したら、しばらくの間思い出し笑いし続けると思います。

先日、はずれ宝くじを3億円の当せん券に偽造して銀行で換金しようとした男が逮捕されました。偽造と言っても、なんと番号の部分に別の宝くじから切り抜いた番号をセロテープで張り付けただけのお粗末さ。通常100万円を超える当せん券はすぐ払い戻しせず1週間ほど真贋鑑定するそうですが、今回は窓口の女性行員があっさりと見抜いてしまいました。犯人は「うまく換金できると思った」そうですが、こらこら。
そして、このニュースで注目すべきは最後の一文です。
『警察署の関係者は「極めて幼稚な手口で、果たして鑑識に回す必要があるのか…」と困惑していた』。
これです。ナイスオチ。

白手袋をはめて押収した宝くじ(セロテープ付)をとりあえずビニール袋に入れて、数人の署員の方が顔を見合わせながら、
「…どうすんの、これ」
「どうすんのって、一応鑑識に回すんだろ」
「回すって言っても、なあ」
「まあ証拠品は証拠品だし、形式的にってやつだよ」
「そりゃそうだけどさ」
「回したところで、その場で『はい、偽者』だな」
「俺でも鑑定できるぞ」
(全員)「ハハハハハ(空虚な笑い)」
…ってなやり取りがあったはずです。多分。

この後当然落とした  【今日のいぬごはん】
   ・骨付仔牛肉角切
   ・大根葉
   ・ニンジンすりおろし
   ・白菜
   ・ヤギミルク、オリーブオイル




また妄想が行き過ぎました。
いつも1クリック本当にありがとうございます!
ココ→ranking

スポンサーサイト



コメント

いぬちゃん的にはオチなんでしょうか?(笑)

誰でも一度は算数セットのお金や子ども銀行のお金で本当の買い物する妄想をしましたよね?ね?

エン様

もちろんです。しないはずはありません。
今でもオモチャ売り場にある幅10cmくらいの福沢さんの束を見て「これが本物ならこの棚全部買い占められるな…」と思ったりしてしまうことを、こんなところで暴露していていいのでしょうか、私。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/403-799866db