fc2ブログ

錯覚 

最近、ネットでこういう記事を見かけて、
「世の中にはすごい才能を持った人がいるもんだ」と驚いたのです。

画像&動画
動画のみ
※動画は音が出ます

平面に描かれた絵も、角度によって立体的に見えることは知識として知ってはいましたが、ここまでリアルな絵は初めてです。この絵を実際に目の前にしたら、何もないとわかっているのに思わず手を伸ばして触ろうとしてしまいそうです。
目の錯覚というのは不思議で面白いですね。

さて、



ここに片方の手を伸ばした短足の猫がいます。
この猫を見る角度を変えてみましょう。

上からだと、



こうです。
この時点であまり短足には見えませんが、
それは脇から思い切り伸ばしているからです。
実際は短足です。

それでは次々と角度を変えていきましょう。







いかがですか。
足長に見えませんか。

でもこの手をちょっとつつくと、



やはり短いのです。



しかしわざわざ短足の犬や猫を種類として作るほど、
動物の短足は正義だという人間の感覚。
なぜ人間自身には適用されなかったのか。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

犬も猫も、短足、ぽっちゃり、ムダ毛、ブサカワ…などなど何でもOKですよね。
むしろシュッとした容姿じゃない犬猫の方がめんこいと言われるのですから、羨ましい話ですな。

西日本は明日も暑いらしいですね。
お身体お気をつけてください。

たれくりたん様

人間はどうして人間に対してだけは、足が長くて顔が小さくてスラッとした人ばかりを美しいと思うのか。動物に感じる感覚となぜこうも違うのか。
誰か研究して論文発表したら結構話題になると思います。
ちなみに動物への感覚を私にも感じてもらえていたら、かなりモテた人生だったと思います。(小さい・短足・尻が大きい)

お気遣い本当にありがとうございます。
田舎なので都会よりはだいぶマシなんだと思いますが、建物が少ない分、日陰が少ないのが弱点です。
なんとか倒れないように秋までがんばります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4061-8328f324