fc2ブログ

回顧 

ぼんやりと秋の空を眺めていると、不意に昔のことを思い出したりしませんか。

冷たい北風が秋の深まりを実感させる。
枯葉が音を立てて足元を転がっていく。
子ども達は早い夕暮れに背中を押されて家へと急ぐ。
幼い私もそうだった、と遠い記憶が蘇る。
ああなぜ秋という季節は、こんなにも想い出を呼び起こすのか。
あの頃何をしていただろう。
あの頃何を思っていただろう。
あの頃の私は一体何について考えていただろう。


というわけで、
今日は趣向を変えまして、ちょうど一年前の今日の記事のテーマをもう一度採り上げて書いてみたいと思います。
はい。ネタがなかったのです。

去年の今日の記事は「電話」でしたね。
電話と言えば、最近の電話勧誘も時代に合わせて少々変わってきているようです。確かに、いつまでも昔と同じやり方ではなかなか引っかかる…いや興味を持たれる方が出てこないでしょうから、何とかして話を聞いてもらうためにマニュアルも日々変化しているのでしょう。
先日もこんな勧誘の電話がかかってきました。
「はいもしもし」
「以前浄水器を取り付けていただきました件でお電話いたしました」
「いえ、取り付けてませんしいりませ」
ブチッ

最後の「ん」も言わぬうちに切れました。
別に逆探知とかしてませんよあなた。
いくら電話代がかかるからって、いくらそれ以上話しても意味がないって分かったからって、もうちょっと礼儀というものがあるんじゃないの。
と言いたかったわけです。
言えなかったのでここで言いました。
本当にありがとうございました。

こんな時もあった  【今日のいぬごはん】
   ・馬肉スライス
   ・小松菜
   ・ニンジンすりおろし
   ・白菜
   ・ヤギミルク、しそ油



あんなやり方で成果は上がるのでしょうか。
よろしければ1クリックをお願いします!
ココ→ranking

スポンサーサイト



コメント

いぬちゃん、かわい~~~!!
ホント、あんな時もあったんですよねぇ。

あ、携帯電話ですか?

いーっ、電話線を力一杯引っ張って、そいつを受話器口からひきずりだして、おもくそしばき倒してやりたい!

勝手にかけてきといて、人に時間を割かせておいて何でしょう、その態度。

ってことでわたしは電話が鳴っても気が向かなければ出ません。かけてくるのが自由なら、取る取らないも自由やろ、とほざきつつ。
たまに自業自得の被害が出るのが難点です。

昔はよかったなぁ~。。。

ナンバーディスプレーだし怪しそうなときは出ない!
うっかり出てしまったら「母(父)は今いません」と子どもを装う!結構いける!電話切ってそりゃもう家族で大笑いさ(爆)

コメントありがとうございます

◇koko様
この写真はいぬが家に来た翌日なんです。当然ですが一日中寝てばっかりで、たまに起きたと思ったらいたずらばっかりでしたが、…今となってはたまにこのサイズに戻って欲しくなります…。

◇10月様
家の電話でした~。…が子機でした…。
未だかつてあそこまで失礼な勧誘はなかったですね。間違い電話はいっぱいありますが(^_^;)
家にかけてくるのは親くらいなので、私もたまに面倒くさくて出ないです(爆)

◇エン様
いいですよね~、ナンバーディスプレイ。節約のためにうちは契約してないんですよ。
母親は、とっくに実家を出ている子供宛てにかかってくる勧誘相手に、「死にました」と何度か言ったらしいです。それから二度とかかってきません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/410-fd0e9002