fc2ブログ

ダンボールハウス 

猫用の爪とぎハウス(ダンボール製)を、以前衝動買いしたのです。
ものすごく安かったので。

箱好きの三豆が絶対気に入るだろうとせっせと組み立てて親の家に置いたところ、

全く使わない。
完全無視。

どうやら普通のダンボールのように上から入れず、
そして横に入口の大穴があったことが原因のようです。
結局、早々にロフト(押入れ代わり)に上げられしばらく放置されていたのですが、悔しいので家に持って帰り、居間の隣の部屋に適当に置いておきました。


やはり、誰も入らない。
そこで屋根を開けておくと、
たまーーーに三豆が入ってすこーーしだけ爪とぎして出てくるようにはなりました。

そこでためしに、
屋根を全開にし、
担ぎ上げて、
上から、



入れました。
そして、屋根を閉めました。



いい犬小屋ね。
昔外飼いしてた先代犬を思い出すわ。



↑自分の物だと思っていたのでちょっと気になるのか



↑やっぱりどうでもいいらしい



いぬじは落ち着いているように見えましたが、
「もういいよ」と言った瞬間、逃げ出すように飛び出ました。
その後も二度と自分から入りません。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

どうも、お久しぶりです~(*'▽'*)

見た目いい感じのダンボールハウス、なぜみんなに好かれないのでしょう。
写真で見る限りいぬじさん、満足げに見えるんですけど撮影用の表情だったのかな。
ダンボールは路上ライフの方々もお使いのようにかなり暖かいのに…。

たれくりたん様

お待ちしておりました^^/

なぜなんでしょうねー。
三豆的には穴のない箱にすっぽり覆われていたいのか。
いや、そのわりにはものすごい低いダンボールにも入るし。
女心はわかりません。

いぬじは微妙な心境の時にもこんな顔ですね。
ちょっと眉が下がってるところで判別できます。

箱の底の真ん中辺りに、厚さ2cm、幅15cmくらいの爪とぎが貼り付けてあるせいもあると思います。
セットの爪とぎなのに、なぜ床一面の幅じゃないのかと問いたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4103-4aed31dc