fc2ブログ

職業(その7) 

今日はいい陽気になりました。
洗濯物もよく乾き、いぬじハウスもしっかり干せました。
主婦の喜びはこういうところにあるのです。多分。

さて、今日は土曜恒例企画「いぬじが〇〇だったら」の日です。
職業図鑑の上から順に毎週違う仕事をいぬじにやらせていくという、いわゆる『もしもシリーズ』です。

本日の職業は、「ウェイター」です。
さて、今日はどんな働きぶりを見せますやら、乞う不期待。
それでは張り切ってどうぞー。


いぬじが結婚式場でウェイターとして働き始めて丸二年。
これまで、実に様々な結婚式を見てきました。
笑いあり、涙あり、感動あり。ついついもらい泣きしてしまったことも、一度や二度
くらいあれよ、と思うのですが、残念ながらこのいぬじはTHE・花より団子で目の前のご馳走にいつも気がそぞろ、ラストの花嫁からの手紙の頃にはお客さんの食べ残しが気になって内容なんて一切頭に入らず、メインのお肉が半分残ったお皿を下げながら「ちょ、ちょっとくらい」と舌を出そうとして「お前はまたか」と蝶ネクタイをグイッと上司に引っ張られるのが常なのです。

ちなみに実際に盗み食いに成功したことはありません。
盗み食いしなければ、仕事が終わった後に欠席者や予備の分の食事を一品、堂々ともらえる約束なのです。
そうでもしないとこいつはやりかねんと判断した上司はなかなか有能なトレーナーだと思います。

さて、今日の結婚式の主役は、事情が少々複雑でした。
新郎は結婚二度目の40歳。前の奥様は15年前、まだ子どもが3歳の頃に病気で亡くなりました。それから男手ひとつで一人娘を育ててきた苦労人です。
対して新婦は初婚ですが、なんと新郎より17歳も年下なのです。
つまり、新婦が23歳、新郎の娘が18歳と、姉妹同然の年齢差です。
一体、この二人がうまくやれるのだろうかと、親戚一同は内心ハラハラしていたのです。

新郎伯父の少々長い祝辞や、若い奥さんをもらった新郎を冷やかす同僚の余興など、終始和やかなムードで進んだ披露宴。
そしていよいよ式終盤、花嫁からの手紙の時間がやってきました。
すると、マイクの前に立ったのは花嫁ではなく、新郎の娘でした。
既に両親が他界している新婦の代わりに、新郎の娘が新郎に向けて手紙を読むということになったのです。
会場は一気に緊張ムード。
そして、娘の手紙の朗読が始まりました。

お父さん、今日は結婚おめでとう。
私は15年間、お母さんがいなくて寂しいと思ったことはありません。本当に本当です。
お父さんは休日になるとよく遊んでくれたし、すぐ近所におじいちゃんもおばあちゃんもいて一人で留守番することもなかったし、お母さんの記憶はほとんどないし、二人っきりの家族が本当に当たり前で、ずっと二人っきりが続くと思っていました。

そんな半年前のある日、「お父さん、この人と結婚したいんだ」と連れて来た女の人は、私と5つしか代わりませんでした。
お父さんは1年くらい前からスマホを見る回数が増えたり、休日に一人で出かけていくこともあったりして、「彼女でもできたかな」とうすうす気付いてはいましたが、まさかこんなに若い人だったなんて、最初は何かの冗談だと思いました。
でも冗談ではなく本気で結婚したいと思っていると分かって、私は「そうか、これからはこの人が私のお母さんか。でもこんな若い人をお母さんなんて呼んだら逆に失礼だろうな」などとぼんやり考えるようになりました。

まだ言ってませんでしたが、私は3月に高校を卒業したら一人暮らしをします。
だからこれからもお父さんは二人暮らしです。
私の二人暮らしは15年で終わるけど、お父さんの二人暮らしはこれからも続きます。あ、途中から3人とか4人になるのかな。
お父さんとの二人暮らしはとても楽しかったし、これからもずっと続くと思ってたけど、でも私も結婚したいから年とっても続くのはやっぱりやだなーと思い始めてたところにこんな素敵なお嫁さんが来てくれて、本当にホッとしてます。
皆さん、私とお嫁さんがうまくやれるか心配してると思いますが、私はお姉ちゃんができたみたいですごく嬉しいんです。だからお母さんとは呼びません。やっぱり私のお母さんは天国にいるお母さんだけです。
でもお姉ちゃんは初めてで、ずっとほしかったから、お姉ちゃんって呼びますね。

お父さん、末永くお幸せに。
私は私でお父さんに負けないくらい幸せになります。
今まで本当にありがとうございました。


会場は拍手喝采、涙涙の大洪水です。
アイライナーがまずいことになっている新婦友人達も涙が止まらず、慌てて女性スタッフが新しい紙ナプキンを私に行く中、
いぬじは、
有名パティシエに特注したというウェディングケーキもどうにかちょっと残らないかなあと考えていました。





物語を考えるのは楽しいです。
いぬじはどうにでも動かしやすいですし。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4141-9783bc12