FC2ブログ

正体 

昨日の記事に、追記があったことにお気づきでしたでしょうか。

「犬猫 多頭飼い」のランキングボタンの続きのことですが、
「ク」「リ」「ス」「マ」「ス」の一文字ずつに、
いぬ、いぬじ、三豆、しし豆の写真を付けておきました。

それだと最後の「ス」、一匹足りませんが、
なんかリボンを付けているのが写っていましたね。
その正体、気になりませんでしたか。
いや、別に。
そうですか。
シュン

実は、その正体は、
この犬でした。



ペットショップのお姉さんに抱っこされているチワワ、
生後5か月半の、少々売れ残りちゃんです。
ショーケースにお客さんが近づいても、マットの上から動かず、しょぼん顔でちらりと振り向くだけのビビり体質。
しかしその表情がものすごくいぬじに似ていたので一瞬で目を奪われ、ちょっと抱っこさせてもらいました。
ビビりションかけられました。

色合いがいぬに似ていた点も親近感がわいたのでしょう、
家に帰ってからも心の片隅からあの顔が離れず、
二週間後に猫砂を買いに行くとまだいて、
さらに二週間後にまた猫砂を買いに行くとまだいました。

私の人生、数えきれない犬猫をペットショップで見てきましたが、ここまで心を奪われっぱなし、ショップにまだいることに安心してしまった経験はありませんでした。ぶっちゃけチワワという犬種にそれほど興味はありませんでしたし、例えば生後2か月、かわいい盛りのチワワであっても、ちらっと見て「はい可愛い可愛い」と流すくらいです。
ペットショップでペットを飼うことの是非は色々と言われていますが、それでも売られている犬猫に罪はなし、こんなに営業スマイルの出来ない5か月半の犬がこの先誰かに買ってもらうことはあるのだろうか、私は幸か不幸か今年の暮れはずっと家にいることになったし飼うことはできなくはない、いや、それは考えたらあかん、元々面倒見が悪くその上介護生活に入っているいぬを始め、いぬじも最近あまり犬と絡みたがらなくなったし、三豆はシャーシャー言いそうだし、しし豆はまた激しく構い過ぎて乗っかったりしそうだし、いくらチワワとは言えこんな狭い家に5匹はどう考えても過密だし、そもそも広めのショーケースでは2~3匹の犬を一緒に入れてもらって遊べるようにしているお店なのに、この犬はいつ来ても1匹でぽつんと寝そべってるだけということは犬がダメな犬なんだろうし、どう考えても無理無理、…いや、頑張ればなんとかなるかも、いややっぱり無理、
と考え続けること数日。

再度お店に行って、店員さんに、「先住犬と顔合わせってさせてもらえますか」と聞くと、「ガラス越しなら…」との答え。
あまり意味なさそうだなあとは思いつつ、2匹を連れて再来店。
まずはいぬを車に残していぬじだけ連れて入り、ショーケースの前で抱き上げると、
なんと、
しっぽ振って近寄ってきました。
「あんまり近付けるのは無理なんですがそれでよければ出してきましょうか」と店員さんのご厚意で外に出してもらうと、いぬじの顔を見るなりしっぽぶんぶんでいぬじが引くほどの勢い。いぬも車から降ろして連れてくると、でかい顔が近づいてもむしろ喜び、積極的に鼻を近づけようとしたのです。

もう、
これが、
最後の背中を押しました。

結果、



買ってしまいました。
飼うことにしてしまいました。



犬達との初顔合わせです。
様子をしばらくご覧ください。



いぬじ逃げる



いぬじさらに逃げる



一番心配していたいぬはほとんど動じず



ようやく近付いてきたいぬじ



ようやく鼻ツンツンするか



脱兎


というわけで、



クリスマスイブからの新メンバー、
五豆(ごまめ)です。
どうぞよろしくお願いいたします。



猫との顔合わせ編は明日。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

ひゃ〜、新しい子が入った〜!!
写真のコメントがスマホだとみれないのが残念。
思えばいぬ姐さん1匹の頃からみてた(はず)けど、いまや5匹とは(*゚▽゚*)
あ〜まめよし家に遊びに行きたい!
五豆ちゃんの活躍、楽しみにしてます(*´д`*)

実は、昨日の記事のラストの写真がすごーーーく気になって気になって、今日になっても気になっていたのです。
でもなぁ、いぬさんがシニアで介護に近いのに子犬を迎えたらいぬさんが迷惑するだろうから、そんなはずはないぞ…、もしかしてお隣に住んでいるお母様が「私も犬飼っちゃった」とかってパターンかなとかいろいろ考えていたのでした。
いやー、ハッピーハッピーですね。
良いXmasになりましたね。
五豆ちゃんもまめよしさんも、ショップさんも幸せになりましたね。
うちも数年前シニア猫ばかりになって、買うのはシニア用と腎臓サポートばかりだった時期がありまして、毎年1~2匹が虹の橋に旅立って行くという頃があったのです。そんな時に迎えたのがタレクリ兄弟だったのです。
子猫(子犬)のフードがお家にあるっていう生活の楽しさ、すごくよくわかります。
これからも楽しみにしてまーす!

コメントありがとうございます

◇三豆LOVE様
はい、入りました。^^;
自分でもこの展開に少々驚いているほどです。

写真コメント、そうなんですよね。
最近はスマホから読んでいただいている方が多いと思いますし、なんとか表示させる方法はないもんかと思います。

なんと、いぬだけの頃から読んでいただいていたとは、本当にありがとうございます!!
是非遊びに来てください。
おやつを手に持てば全員わらわら寄ってきます。

◇たれくりたん様
おや、そんなに気になってくださっていたんですか。
誰からもコメントがないので、普通にスルーされたと思っておりました。
誠に失礼いたしました。

はい、お察しの通り、かなーり悩みました。
が、年々(当然ながら)年寄りやおっさんおばさんばかりになってきて、きっとそれがじわじわ精神的に来てたんでしょうね。
本当に久しぶりの子犬に、やっぱり元気をもらっております。

あとは4匹がもうちょっとかまってやってくれればと思いますが、
まあ、しばらくは期待しないことにします。

あぁぁぁぁぁ(TДT)
こちらにはこんな経緯が・・・(T∀T)

ペットショップで買う事に、そりゃもちろん賛否両論あります。だけど、このまま売れ残ると、行き先は2つです。殺処分か悪質ブリーダーの繁殖犬・・・でもこの子は男の子ですよね?私もまめよしさんの立場だったならきっと、救った上で(何様だ!)、ペットショップの存在についてもっと変えて行きたい、と思ったと思います!!
自分の、自宅の、許容範囲内で自由に遊ばせて愛情を注いであげれるなら、もうもう、大賛成で、よかったなぁ(TДT)💕💕💕と、ウルウルしてしまう、更年期のババアより、コメントでした(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4184-d70761e8