fc2ブログ

職業(その14) 

お正月気分が抜けきらないまま、今年最初の3連休に突入です。

成人の日が15日から第二月曜になった当初は少々違和感を覚えたものですが、今となっては、このタイミングで3連休があるのが大変ありがたく、たまには政府も気が利くじゃないかと感じた人は大勢いると思います。きっと。

さて今日は土曜恒例連続企画、「いぬじが〇〇だったら」の日です。
職業図鑑の上から順に毎週違う仕事をいぬじにやらせていくという、いわゆる『もしもシリーズ』ですが、前回は番外編でアイウエオ順から逸れましたので、また元に戻します。
というわけで、
本日の職業は、『介護ヘルパー』です。
※厳密には介護ヘルパーという職業はありませんが、いわゆるホームヘルパーを指す言葉として使わせていただきます

今日のいぬじはどんな働きぶりを見せるのか。
張り切ってどうぞ―。


いぬじが訪問介護の仕事をするようになって半年。
ようやく仕事にも慣れてきて、大変ながらもやりがいを感じられるようになりました。
今は一日3軒のお宅を回って、掃除や料理、洗濯などの生活援助をしています。入浴介助のような力仕事は、一緒に回っている男性職員のサトル君(26)がやってくれます。男二人ペアなので、行くのはいつも男性一人暮らしのお家ばかりです。
このサトル君、実は十代の頃はいわゆるヤンキーで、度々補導されて鑑別所に行った経験もあります。しかしその時に担当になった保護司の男性が、親身になって更生まで手助けしてくれたおかげで、今ではこの通り、人の役に立つ仕事に就いて毎日頑張るようになりました。
言葉遣いは少々アレですが。
まあそんなところも意外と利用者さんにウケたりするんですが。

そんなサトル君と毎日仕事をしているいぬじはと言うと、少々サトル君にパシリにされることがあるものの、実際サトル君の方が仕事上でも先輩ですし、小さいいぬじでは難しい仕事を色々と助けてもらっているので、パシらされてもちっとも嫌ではありませんでした。むしろ「おう、サンキュー」と言ってもらえることが嬉しく、頼りがいのある人と一緒に回れてよかったなあといつも思うのでした。
実際は他の職員さん全員が一緒に組むのを敬遠したので、「ま、いぬじ君ならいっか」とあてがわれたという経緯は本人には伏せてあります。

さて、本日最後の仕事先として二人が向かっているのは、今日初めて行くお宅です。
利用者さんは、三年前に奥さんを失くし、最近体が思うように動かなくなってきたという80代の方です。
いぬじは少し緊張していましたが、サトル君は「別にいつも通りで大丈夫だろ」と平気な顔でチャイムを押し、「どーもー、ぐーちょきヘルパーステーションから来まっしたー」といつも通りの挨拶をしました。
すると、インターフォンから「お待ちしてました、すいませんが玄関まですぐ行けないのでそのまま入ってください、カギは開いてますので」と答えがありました。
「了解ーっす」とサトル君がドアを開け、ずかずかと居間まで入っていくと、そこにいたのは、
「…おっさん」
「…? …おお、おお、サトルか、サトルなのか」
「…ああ」
なんと、男性はサトル君を更生に導いた、あの保護司でした。

サトル君が仕事も忘れて元保護司の山口さんと話し込んでいる間、いぬじはせっせと自分の出来る仕事をしました。そして、
「おふろ、わいたよ」
「…あ、ああ、サンキュー」
「おふろ、ひろいからふたりいっしょにはいれるよ」
「…サトル、入るか」
「ああ、そういや昔も一緒にしょっちゅう銭湯行ったな」

そしてまた二人が長風呂して話し込んでいる間にいぬじは事務所に電話し、「おそくなります」と伝え、以前「これ、昔世話んなったおっさんが好きだったんだよな」と聞いていた缶コーヒーをコンビニに買いに行きました。

その後、サトル君は仕事が休みの日になると山口さんの家に足繁く通うようになったということです。
めでたしめでたし。



今日のいぬじは裏方でした。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

「おふろわいたよ」なんて可愛いったらありゃしない!

不覚にも

いや~いい話をありがとうございます。
不覚にも涙がジワリ…(ホントに;笑)
職業シリーズ、
今後もたいへん楽しみにしております。

コメントありがとうございます

◇もいち様
実際のいぬじはそんなに気が利くタイプじゃないと思うんですが、まあ、マイペースで裏表がないという点は話の通りですね。

何気なく書いたセリフに可愛いと言っていただけてほんとにありがたいです。
私に「おふろがわいた」と言ってくれるのは給湯器の音声だけです。

◇もとい様
ありがとうございます!
企画を始めてから一度もコメントがなく、「やっぱりやめといた方がよかったか…」と自信を失いかけていたので本当に励みになります!
これからもご期待に沿えるよう、ちょっと面白くちょっとほろりとさせる話になるよう頑張ります^^/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4197-dab5d816