fc2ブログ

距離感 

自分で裏返したベッドに乗り、
ひとりトイザらス状態だった五豆が、



何かに気付き、



左見て



右見た
その理由は、



帰ってきた三豆。

隣の部屋の足音を追っていたようです。
しかし毎度の如く、



すぐ出る。

しばらく経って、



ようやくここまで来て、
何もしていない五豆に
「ッシャーーーっっ」
とだけ言って、



また去る。

かと思えば再び戻って来て、



今度はフェンスの中まで入ってきて、
「また五豆をびびらしたろ」と唸りかけたものの、
そのねえちゃん(を怒るかーちゃん)が怖かった(らしい)五豆は、
隣で寝そべっていた旦那の腕の中で



この顔。


何度も言うようですが、まだ子犬です。
時々急に老けます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

三豆さんは、いまだに五豆たんを認めてくれないのね。
うちも、ばぁば猫が多かった時はそうでした。
男子猫の方が新入りを受け入れてくれていました。
それにしても、五豆たん表情ありますね~。
特に困り顔はバリエーションが多いような気がします。

たれくりたん様

やっぱり女子は色々めんどくさいですよね。
ライバルが増えるのが嫌なのか、自分の生活を乱されたくないのか、単に心が狭いのか。
男子はその点、ノー天気とも言えますね。

犬も老いてくると感情の起伏が乏しくなりますし、ここ5年、若いチームが表情筋の少ない猫だけという生活だったので、
久し振りに見る犬の表情の豊かさにあらためて、
ネタになるなあと感じております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4331-63422f34