置き去り 

ふと見ると、



いぬが五豆のおもちゃに囲まれていました。
※いぬがおねしょすることがあるのでトイレシーツを敷いています

あー、ごめんよ、
また五豆が自分のおもちゃくわえてってそこで遊んだな。



ほんとに遠慮がないというか、
全ての場所は自分の居場所だと思っているというか、
ねえちゃんのにおいのする所がいいんだろうけども、
限度はあるわなあ。



まあ好かれてると思って、許してやって。
今片付けるし。



って、いぬ、ちょっとごめん、
首上げて、



そこにもか。


自分のハウスには持ち込まず、
いぬのケージやいぬじのベッドにばかり置き去りにします。
ちなみにいぬやいぬじは五豆のおもちゃに全く興味がありません。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント

外へ行く猫が、狩りをしてネズミやら小鳥を飼い主に持ち帰ってお土産にするといいますよね。これって、その人への最上級の猫の愛情の表現だそうで、五豆たんも相手が喜ばなくとも興味がなくとも、最上級の贈り物として、いぬさんへの愛情を示したのよ、きっと。
なんて素敵なストーリーなんでしょう!

たれくりたん様

なるほど、お礼代わりの置き土産でしたか!!

そうかそうか、五豆、普段ねえちゃんを困らせてばっかりいるけど実はちゃんと感謝と愛情の気持ちを持っていてそれを自分の大事なおもちゃを渡すことによって表現しているんだねそんな殊勝なところがあったなんて気づいてやれなくてごめ


違いますね。
残念ながら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4398-1f150ed8