職業(その53) 

なんだか気温が上がったり下がったりで困ります。
夜は冷えるという話を何度かしましたが、こないだ本当に寒かったので長袖Tシャツから薄手のトレーナーに着替えて寝たところ、
朝、寝汗びっしょりでした。
だいぶ後悔しました。

さて、今日は土曜ですので土曜恒例「いぬじが〇〇だったら」をやります。
職業図鑑の上から順に毎週違う仕事をいぬじにやらせていくという、いわゆる『もしもシリーズ』です。
今日の職業は、『マンガ家のアシスタント』です。

子どもの頃、一度は憧れるマンガ家。
そしてそのマンガ家になる前に多くの人が通るアシスタント。
そのままプロのアシスタントになる人もいるそうですね。
いぬじはそのパターンだと思います。
あまり欲がないのでそれで十分満足だと思います。

では本文をどうぞ―。


いぬじがマンガ家のアシスタントになってもうすぐ半年。
連載中の少年週刊誌の人気ランキングで『中の上』の順位を維持している、なかなか人気のマンガ家さんについています。
ただ、1位になったことはないのです。
いぬじは先生のそんなところも好きです。
ちなみにページ数が一般的なマンガより少なめなので、アシスタントはいぬじひとりです。

マンガの内容としては、少年誌の王道、学園ものです。
といっても、日本の中学や高校ではなくファンタジーの世界の学校です。魔法は使えませんが、グッズを使えば魔法的なこともできます。要するに何でもありです。
ケンカのシーンはあるものの、殴る蹴るはギャグ程度の描写で、もちろん卑怯ないじめなどは皆無です。次の号では何事もなかったかのように仲直りして、また別のストーリーが始まります。
学生の読者には刺激が少なく物足りないようですが、社会人層からは「安心して読める」「仕事で疲れた後の癒しになる」「この予定調和がいい」「少年マンガの水戸黄門」と安定した人気を獲得しています。
暴力的なことが苦手ないぬじはこういう作品を描ける先生のそんなところも好きです。

さて、今描いているお話は、主人公のクラスに転校生がやって来るという展開です。
編集者に「ちょっとマンネリ化してきたからキャラ増やそうか」と言われたのです。
どういうキャラクターにするかいぬじも一緒に考え、最終的に「異国からやってきた長い黒髪のサムライ」に決定しました。
主人公の国は金髪や赤い髪や青い髪をしている人はいるものの、黒髪はまだ出していなかったのでわりとすんなり決まりました。新キャラの所作や考え方は江戸時代の武士そのもの、詫びる時はすぐ切腹しようとして主人公に止められます。
ちなみにメインメンバーを説明しておくと、正義感が強くフットワークのいい主人公、その親友の男の子が二人、ひとりは180㎝85kgのマッチョな柔道4段、もうひとりはインテリイケメンの剣道4段、そして毎週サービスショットを見せてくれるヒロインの4人です。それに時折脇役メンバーが登場します。
お気づきかもしれませんがほぼ水戸黄門です。

そこへ新たに登場した純和風キャラですが、初登場の今回で、「彼が仕える主(あるじ)的メンバーを固定する」ということになりました。つまり、主要メンバー4人のうち、「絶対に言うことをきく殿のような存在」を置いておくことになったのです。
きっかけはやはり、新キャラ(カゲマサ)を助けたこと。
転校前に街を歩いていたカゲマサがガラの悪い男たちにからまれていた時、遠くから「キャーッ!ポリスを呼んでー!」と叫び声を上げたヒロインが「殿」になりました。
実際はヒロイン自身がひったくりに遭ったために叫んだのですが、カゲマサは自分のためにそうしてくれたのだと勘違いした、とこれまた予定調和な展開です。
そしてヒロインのことを好きな主人公の言うことは全く聞かない、という設定も足されました。
また、ヒロインのサービスショットに鼻血を出して卒倒する(そのためピンチの時に時々役に立たない)、という設定も足されました。

いぬじは日本犬なので、カゲマサを描くのはとても楽しく、またご主人に忠実に仕えるところにも親近感が湧き、これまで以上に筆が進みました。先生が「そんなにカゲマサが好きならいぬじみたいな犬を飼うことにしようか」と、いぬじそっくりな小型犬をさらに追加で増やしてくれました。
ちなみにこの犬、カゲマサにはとても従順ですが、頭の方はやや足りず、やはりピンチの時には一目散に逃げて役に立たないという設定がスラスラ決まりました。

その号が載った週のランキングは、その前の週よりふたつ上がって5位になりました。
二週後にはまたいつも通りになりました。
めでたしめでたし。


このマンガ、読みたくなってきました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4470-b293698f