睥睨 

昨日の続きです。



五豆が上がって来られない場所のベッドに避難してようやく落ち着いた三豆。
ちなみに、
暖房が点いているのに奥のドアがちょっと開いているのは、
だらしないわけではなく、
三豆が通れるようにです。
三豆が通れるようにです。
二回書きました。

話を戻します。
やれやれ、とくつろぎかけた三豆が、



ハッと気づいた視線の先には、



五豆。
(ここから父撮影)

実はこの写真を撮る前に一回シャーッとやられた五豆。
それまではしゃぎまくっていたのですが、
ご覧の通りビビり中です。



三白眼で睨む三豆。
必死で視線をそらす五豆。



普段やりたい放題の五豆を少々懲りさせてやろうと、
さらに三豆に近付けてみました。
手が開き切っております。



ねえちゃんこわいこわい



それでも視線は外す五豆



前足をふんばって体ごとそらす五豆



今日はこのくらいで勘弁しといたろか。


という三豆の顔。
おわり。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント

すごい目力ですね。
人間の女性なら、アイメイクなしでこの目力はちょっと羨ましいですよ。
でも、ガラの悪い人に誤解されて「なに、見とんねん」とか言われちゃうかも…。
いずれにしても、五豆たんも困り果ててオロオロ顔がバレバレですね。
おばぁは強い!

なんでしょう・・・
どんな写真を見ても「三豆かわいい^^」と思う私の目にはフィルターがかかっているのでしょうか??

コメントありがとうございます

◇たれくりたん様
親が甘やかすのもあるせいか、年とともにどんどん許容範囲が狭くなっています。
ガラの悪い人に絡まれそうになったら、「ッシャーッ」と先手を打ってさっと逃げるのでご安心ください。

そうですね、三豆ももうおばぁと言ってもおかしくない年になってきましたね。
一緒にいる時間が短いのでまだ4~5歳くらいの感覚です。
(三豆命の)母のためにも長生きしてもらいたいもんです。

◇三豆LOVE様
おもいっっきりかかってます。
母並です。
ちなみに母は三豆が何をしようと全部「ええ子」フィルターで記憶が改変されます。
悪い行動は全てなかったことにされます。
良い行動は3倍増しになります。
そして今の状態になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4481-f5a4275f