隔離 

これまでの記事でも何度もお伝えしているように、
五豆はすぐいぬに絡むのです。

あ、いえ、絡むと言っても、
「お前何俺にメンチ切っとんじゃ」
という絡む方ではなく、
ちなみに『メンチ切る』の意味はこちらでご説明した通りですが、

寝ているいぬにまとわりついて前足を顔に当てたりお腹の方に頭を突っ込んだりそのまま足の間にもぐって後ろ足を軽く噛んだり仰向けの姿勢で後ろ足をバタバタさせたりと、
とにかくいぬの邪魔になるようなことを何度叱っても繰り返すのです。
学習能力がないのか、と言いたくなります。

この日もやはり同じことをしたので、
五豆を叱って追い出していぬのサークルを閉めました。

すると、



はいれないの

という顔でサークルの目の前でうずくまる五豆。
ちなみにこんなところに低反発枕が置いてあるのは、いぬがサークルから出てきた一歩目を滑らせないようにするためと踏ん張った時の体の負担を減らすためです。
私の首に合わなかったので捨てようか迷っていた枕です。
使えるものは何でも使う。
それがシニア犬との暮らしの知恵。

さて、話を戻しますが、



いぬも閉められてちょっと困っている様子ですが、
五豆にまた絡まれるよりはましだと思って我慢してもらうとして、



そんな顔しても開けません。



ショボン



自業自得でしょうが。

あ、いぬ、五豆のことなんか気にしなくていいから、
お前を怒ってるんじゃないし、
大体このちっこいのは反省しているような顔をしているけども、
そんなのはもう一瞬だけで、
ほれ、



寝始めてるし。


いぬがガツンと怒らないのもあって、
いつまで経っても諦めません。
本当に学習能力がないんじゃないだろうか。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト

コメント

学習能力はあるんです。
「いぬねーちゃんに絡んだらおかーたんに叱られる」って理解はしているのです。
でも、いぬねーちゃんと絡みたいという本能が勝ってしまうんです。
だってオスーズだから。
オスーズが本能を抑えて、ボス(飼い主)の指示に従うのは5才になってからです。私の経験上は。あと4年じっと待つのじゃ。

たれくりたん様

そうでしたね、1歳のオスーズに本能に勝つことを期待してはいけなかったですね。
あと4年、黙って耐えなければなりませんね。
他の行動はメスーズよりよっぽど単純で楽なのですから、
このくらいは我慢しなければいけませんね。
あと、たった4年ですもんね。
たった。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4486-82715f92