fc2ブログ

職業(その60) 

今日は久しぶりにそこそこ晴れた週末になりました。
午前中は非常に寒かったのですが、午後から気温が上がったので、3匹とも連れて駅前へ行ってきました(いぬは人の多い場所が好きなのです)。

駅は家から徒歩五分ですが、家のある方の出口は何もなく人もまばらです。
反対側は観光スポットに通じる出口なので、今日はそこそこ人も集まっているだろうと思って行ったら、
ツアー客でごった返していました。
あんなに駅と駅内の通路に人がいるのを見たのは生まれて初めてかもしれません(と言っても田舎なので都会とは比べるべくもありませんが)。
駅前でしばらく佇んでいると、数人の奥様方が声をかけてくださり、無事いぬも撫でてもらえました。

という本日は、恒例企画「いぬじが〇〇だったら」の日です。
職業図鑑の上から順に毎週違う仕事をいぬじにやらせていくという、いわゆる『もしもシリーズ』です。
記念すべき第60回目の今日は、
なんと、最終回です。
ほんとです。
今日の職業は『路線バスの運転士』です。

ワ行のお仕事がなかったので、「ろ」で終わりです。
さて、最後はどんな仕事ぶりを発揮するでしょうか。
それでははじまりはじまりー。


いぬじが路線バスの運転士になってもうすぐ2年。
昼間は各路線とも1時間に1~2本しか走らない街なので、『犬の運転手さん』はすっかり有名になりました。小さい子にも人気が出てきて、いぬじが運転するバスをわざわざ選んで乗ってくれる親子連れもいます。赤字ギリギリの会社ですが、通勤・通学の時間帯以外の乗客数も少しずつ増えてきました。
会社ではいぬじをキャラクター化し、ラッピングバスを走らせようかという話も出ましたが、
いぬじの色が地味なのでボツになりました。
犬かタヌキか分からないのもボツの理由でした。

そんなある日のことです。
いぬじは最終バスを運転していました。
時刻は夜10時を過ぎています。終点までのバス停はあと3つ。乗客は会社帰りらしき若い女性ひとりになりました。いぬじは通勤で使っているお客さんの顔は全員覚えていたつもりでしたが、彼女の顔は全く見覚えがありません。
いぬじの会社のバスは、後ろのドアから乗って前のドアから降りるようになっているので、運転士が乗客の顔をちゃんと見られるのは降車の時だけです。ミラー越しにちらちらと顔は見えましたが、やはり初めてのお客さんのようです。

いぬじは次のバス停のアナウンスを鳴らしました。
ポーン『次は、緑木中学校前 緑木中学校前です 市立図書館へお越しの方もこちらでお降りください』
降車ボタンは押されず、いぬじはそのままバス停を通過しました。

ポーン『次は、安登三丁目 安登三丁目です 車内事故防止のためバスが完全に停まってから席をお立ちください』
アナウンスが終わった時、ちょうど信号に引っかかりました。この信号は赤の時間が少々長く、1分は動き出せません。その時、女性の携帯の着信音が鳴りました。
「もしもし」「うん、今バスの中」「喋っても大丈夫だと思う、私しか乗ってないから」
いぬじは「いいですよ」と心の中で思いました。
「…様子、どう?」「そう、やっぱりまだ起き上がれないんだ」「今日病院行った?」
どうやら、家族の中に具合の悪い人がいるようです。ひょっとすると、普段はひとり暮らしをしていて、今日は実家へお見舞いに帰ってきたのかもしれないな、といぬじは思いました。
女性が降車ボタンを押さなかったので、いぬじはまたバス停を通過しました。

ポーン『次は 津木町 津木町です 島山歯科医院へお越しの方はこちらでお降りになると便利です』
女性の会話は続きます。
「うん、もうすぐ駅着くよ」「…え? どれくらいかかる? …うん、待てるけど、寒いからできるだけ早く来てね」
女性は終点まで乗るようです。駅まで家族が車で迎えに来るようですが、どうやらバスの到着から少し待たされることになってしまったようです。

ポーン『次は西州駅 西州駅 終点です このバスは車庫に入ります お忘れ物のないようご準備ください』
バスは駅のロータリーに入って停車しました。女性は立ち上がり、運転席に近づいてきました。
「ごじょうしゃありがとうございました」
いぬじがそう声を掛けた瞬間、女性はいぬじを見つめたままピクリとも動かなくなりました。
そして、ツーッと目から涙をこぼしたのです。
「おきゃくさま、どうされましたか」
「…あっ、す、すみません、あの、運転手さん、ワンちゃん、なんですね」
「はい、いぬのいぬじです」
「いぬじさんですか、あの、急に泣いたりしてごめんなさい」
「いえ、だいじょうぶですか」
「あ、はい、…実は、実家で飼ってる犬が病気になってしまって」
「それはしんぱいですね」
「今ひとり暮らししてて離れて住んでて、今日やっと会いに行けるんです」
「わんちゃん、よろこびますね」
「それで、あの、その子が子犬だった頃に運転手さんがよく似てるんです」
「そうでしたか、それはぜひおあいしたいです」
「私も是非会ってやってほしいです。…でも、元気にならないと、無理ですよね」
「きっとげんきになります」
「そう、だといいんですけど」
「おねえさんのおかおをみたらきっとげんきになります」
「そっかな、うん、運転手さんに言われたらなんかそんな気がしてきました」
「よかったら、これどうぞ」
いぬじはポケットからお守りを出しました。
「かーちゃんがくれたおまもりです、よくききます」
「えっ、でもこんな大事な物もらえません」
「それじゃ、わんちゃんがげんきになったらまたばすにのってかえしてください」
「はい!絶対返しに来ます!それじゃ、お言葉に甘えてその時までお借りします!」

その時、一台の車がロータリーに入ってきました。
「あっ、母が迎えに来ました」
「よかったです、ごじょうしゃありがとうございました」
「こちらこそ、ありがとうございました!」
彼女の顔はすっかり笑顔になり、跳ねるようにバスを降りていきました。

それから2週間後。
いぬじはまた同じ路線の最終バスを運転し、終点の駅に到着しました。
すると、バス停に二人の女性が立っていて、若い方の女性が一匹の犬を連れていました。
ドアを開けると、「いぬじさん!」とあの元気な声が飛んできました。
「こんばんは、お守り返しに来ました!この子、元気になりました!」
いぬじはバスを降りて、お守りを受け取り、しっぽをブンブン振るタヌキ顔の雑種のジロちゃんを「なおってよかったね」となでました。

めでたしめでたし。



来週からどうするかは未定です。
とりあえずこの連続企画は終わりますが、
たまにいぬじに働かせたくなったらまた書くかもしれません。
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ

スポンサーサイト



コメント

今回もいいお話でした~

て、ええっ
シリーズ終わりですか?!
いぬじしょが長いシリーズだったので
なんだかあっという間な感じです。

いや、やっぱり
いぬじしょが
すごーく長かったのか・・・(笑)

次のシリーズも期待してますので!

全米が涙した感動の実話(ではないか)でシリーズ完結ですね。
このシリーズ、いろいろなユニフォームのいぬじくんが私の中で登場して楽しかったです。
感動をありがとうセールやりましょう。
(野球シーズンオフじゃないっつーの)

コメントありがとうございます

◇もとい様
そうなんです、いぬじしょがそもそも長すぎたんです。257回って。
職業シリーズも1年以上は続きましたので、もった方だと思います。

さて、ほんとに次はどうしましょう。
更新に時間のかからない企画じゃないともう無理です。

◇たれくりたん様
想像力を働かせていただいてありがとうございました。
つなぎとかエプロンとか制服とか、完全にコスプレですが確かに見てみたいですね。

感動ありがとうセール、負けてもやりますしね。
色々残念ないぬじですので、物語の中だけでもいいところ見せられて本人的には勝ちですかね。


皆さま、
これまで読んでいただいて本当にありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mamedog.blog28.fc2.com/tb.php/4519-9ea0334a